塚本大地の経歴,学歴は?渡辺稜太との関係や年収・資産,VTuberについて調査【株式会社ZIZAI代表取締役】

みなさんこんにちは!

今回は塚本大地氏の経歴,学歴,渡辺稜太との関係や年収・資産,VTuberについてです。

塚本大地氏と聞くと真っ先に思い浮かぶのはVTuberという言葉で、現在はVTuber事務所まで運営されています。

それでは塚本大地氏がVTuber事務所として確固たる地位を築き上げたのか、経歴から見ていきましょう。

塚本大地の経歴

引用:https://advanced.massmedian.co.jp/article/detail/id=1464

塚本 大地(つかもと だいち)

・1993年 大阪にて出生
・2000年 大阪から横浜へ移住
・2013年 名古屋大学情報工学科へ進学
・2014年 共同代表の渡辺稜太氏と株式会社DUOを設立
・2017年 株式会社DUOを株式会社ZIZAIに社名変更、またその中で企業理念、
      経営方針を一新

塚本大地氏の経歴は主に大学生時代に事業を始められています。

2000年の小学生時代から高校生時代まで記載する経歴はなく、その間はサッカーに打ち込み続けた生粋のサッカー少年でした。

塚本大地の学歴

引用:https://zizai.co.jp/recruit/

塚本大地氏は名古屋大学情報工学科に進学。

国立大学であり、愛知県内でもトップクラスの大学です。

同大学同学科の卒業生には有名な方は少ないですが、大学全体となると多数の著名な有名人が卒業されています。

その中にはノーベル物理学賞にも受賞されている益川敏英氏、他にも世界的な企業であるTOYOTAの創業者、豊田章一郎氏など全国でも多数の著名人を輩出している大学です。

群馬県でもトップを争うレベルの高偏差値を誇る高校で進学先も東大を始め、様々な有名大学への進学実績を持っている高校です。

塚本大地と渡辺稜太との関係

引用:https://nagoyastartupnews.jp/duo-newoffice-gotanda/

塚本大地氏は大学在学中に株式会社ZIZAIの共同代表である渡辺稜太氏と出会います。

大学1年生で起業、さらにスポーツ、ギャンブルと学業以外のことに熱中し大学にはほとんど通学していなかったそうです。

そのため大学4年生では留年をしてしまい、卒業すら危うい状態で、就職活動すらできず、その上大学院に行くための試験さえ受けていなかったのでなし崩し的に2人で起業するという選択肢を取ったそうです。

塚本大地の年収・資産

引用:https://news.livedoor.com/article/detail/16847302/

塚本大地氏はテレビ番組でも起業時に1300万を無利子で融資してもらった等インパクトの大きい話が多いですが、現在どれほどの年収、資産を持っているのでしょうか?

株式会社ZIZAIの求人情報では年収500万円~約800万円と記載されているので、それ以上の年収ではないでしょうか?

更に株式会社ZIZAIの売上を見てみると、2019年時点では売上高が20億円という情報がありました。

これをもとに年収は1000万円~3000万円以上ではないでしょうか?

個人の資産についての情報はあまりありませんが、会社ベースで見ると2019年に東京中心部の一等地オフィスへ移転しています。

会社も徐々に拡大しているので塚本大地氏本人の資産も数億円規模で保持しているのではないでしょうか?

塚本大地とVTuber

引用:https://twitter.com/miraiakari_prj

塚本大地氏は現在、VTuber(バーチャルYouTuber)事務所ENTUM(エンタム)を運営しています。

株式会社DUOではVTuberを事業として展開はしておらず、パチンコ・スロットなどのアミューズメント業界向けのアプリを開発する会社でした。

その際に現在のVTuberの起源である「キズナアイ」と出会ったそうです。
ここでVTuberは時代を大きく変える可能性を感じ、「ミライアカリ」を生み出したそうです。

VTuberという言葉さえ浸透していない段階でキズナアイを見つけ、事業として活動するまで広げるという行動力は素晴らしいですね。

塚本大地と圧倒的な行動力

塚本大地氏が成功した要因は何なのかを分析すると、「圧倒的な行動力」でした。

そのエピソードとして有名なのは会社を法人にする際の資金回収です。

大学生で法人にする際にお金が必要だと知り、ネットで「社長 飲み会」というキーワードで探して検索トップに出てきた飲み会に参加したそうです。

更にその中で1分にも満たないプレゼンまで実践し、社長にお話しを聞いてもらえるチャンスをもらっています。

その後、出会った社長を伝って1人の社長に交渉をされています。

その内容も衝撃的な内容で、初日は「1000万円貸してください」と事業計画書も一切何も持たずにお願いしたそうです。

結果としてすぐに追い返されたそうですが、最終的に塚本大地氏の熱意に負け総額1300万円もの資金を無利子で借りることに成功しています。

まとめ

塚本大地氏は小学校から大学までサッカーに熱中しており、大学生までビジネスという言葉は一切出てきませんでした。

しかし大学で現在の共同経営者である渡辺稜太氏との出会いもあり、融資をしてもらった社長との出会いという一見奇跡的な出会いを果たしていますが、これも全て塚本大地氏の圧倒的な行動力があったからこそ成しえたことだと思います。

塚本大地氏の圧倒的な行動力と共同経営者である渡辺稜太氏のマネジメント、ディレクション能力が非常に大きなシナジーを生み出し、数年間で20億もの売り上げを上げることができています。

VTuberも衰退することもなくまだ成長段階であり事業としても更に拡大しているということで塚本大地氏とVTuberの動向に注目してみましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする