カンブリア宮殿出演 | 竹増貞信の経歴 年収やローソンの今後は【ローソン社長】

コンビニ
https://socra.net/business/

今回は竹増貞信氏の経歴に迫ります。

言わずと知れた大手コンビニエンスストアであるローソン。

ファミマ派やセブン派などたくさんいるでしょうが、ローソン派もかなり多いのでは?

現在、ローソンのトップを務める竹増氏とはどんな人物なのでしょうか。

竹増貞信の経歴

引用:https://socra.net/business/

竹増 貞信(たけます さだのぶ)

生年月日:1969年8月12日

出身  :大阪府池田市

学歴  :大阪大学経済学部

●1993年 三菱商事入社

●2002年 インディアナパッカー社

●2014年 三菱商事退社

●2016年 ローソン代表取締役社長に就任

三菱商事時代

竹増氏はあの商社マンとして三菱商事で勤務していました。

総合商社は様々なものを取り扱いますが、竹増氏が担当していたのは食肉。

入社してからは10年ほど畜産部に配属され、食肉に関する営業や牛肉の輸入業務などをしていました。

 

2002年にアメリカンの豚肉会社のインディアナパッカー社に3年間駐在し、生産現場で勤務していました。

食品や小売に関する業務をしてきた竹増氏。

現在、竹増氏はローソンの社長を務めていますが、こうした三菱商事での経験も生きているのだと感じます。

三菱商事はローソン株を保有していることもあり、関連性は高いです。

 

ちなみに帰国してからは、広報に移っています。

広報で5年勤めた後、総務部兼経営企画部で、現在三菱商事の会長を務める小林健氏の秘書をやっていました。

小林氏はその当時は副社長だったといいます。

ローソンへ

竹増氏がローソンの社長に就任したのは、2016年6月。

前任の玉塚元一氏の跡を継ぐ形となりました。

2010年に、当時のローソンの社長だった新浪剛史氏の誘いでローソンに関する事業に加入。

2014年には三菱商事を完全に退社し、副社長に就任。

2017年からは会長職も務めています。

 

きっかけとなった新浪剛史氏ですが、竹増氏と同様、三菱商事勤務の経歴があります。

彼も三菱商事で様々な実績を残した人物ですので、三菱とローソンの強い縁を感じます。

 

竹増貞信の年収や資産

ローソンの2019年の売り上げは2兆円にも上ります。

そのような大企業の社長はどのくらいの年収なのでしょうか。

 

2019年の役員報酬は5名の役員で総計1億8500万円。

これは2014年の4名で3億2800万円から大きく減っています。

2014年に社長を務めていた新浪剛史氏は1億9500万の報酬があったと言います。

 

そうなると竹増氏の報酬は4000万から5000万程度になるかと思います。

ローソンの今後

ローソンの業績は今絶好調で、33か月連続増収。

ナチュラルローソンの名目で、店内で焼き上げるパンや健康志向向けの食品類などを出し、たくさんのお客様を獲得しています。

ローソンといえば「プレミアムロールケーキ」に代表されるスイーツのヒット商品。

竹増氏はそれを超えるヒット商品を開発しようとして、女性限定の開発チームを作り自由な発想で商品開発に携わらせました。

すると、チーズケーキの「バスチー」がヒットする形となりました。

 

このように社員に自由な権限を与え、社内コミュニケーションを大切にして何でも言い合える環境づくりをしています。

基本、お客様→加盟店→本部の順番を大切にし、常に世の中の需要を探っています。

竹増氏自身、よくコンビニ現場に足を運んでお客様や店員の声を聴いているぐらいの熱心な方なのです。

 

昨今問題になっているコンビニの24時間営業、人手不足により経営難に陥っている加盟店がたくさんありますが、無人レジ化にいち早く取り組んだのがローソンです。

世の中の声をよく聞き、それに合した策を講じることができるのが竹増氏だと思います。

竹増氏が引っ張るローソンがどう進化していくのか今後楽しみであります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました