鈴木健(スマートニュース社長)の経歴は?学歴(出身高校,大学)や年収や家族(妻や子ども)は?【スマートニュース株式会社社長】

IT
https://www.advertimes.com/

みなさんこんにちは!

今回は鈴木健(スマートニュース社長)の経歴、学歴(出身高校,大学)や年収や家族(妻や子ども)について調査しました。

皆さんはスマホでニュースを読みますか?

Yahoo!ニュースを読む方はたくさんいらっしゃいますが、それと同様の市場でスマートニュースがあります。

聞いたことがある方も多いと思います。

まだニュースアプリ市場が活発でなかったころからリリースを始め、大ヒットを生み出しました。

そんなアプリをリリースした、起業家こそが鈴木健氏です。

今回はその鈴木氏に迫っていきます。

鈴木健(スマートニュース社長)の経歴は?

引用:https://www.advertimes.com/

鈴木 健(すずき けん)

●1975年 長野県生まれ

●1998年 慶応義塾大学理工学部物理学科卒業

●2006年 株式会社サルガッソー設立

●2008年 東京大学大学院総合文化研究科広域科学専攻広域科学システム系博士課程修了

●2012年 浜本階生と共にスマートニュース株式会社を共同参画

●2014年 スマートニュース代表取締役会長共同CEO 

      SmartNews2.0を日米同時リリース

 

鈴木氏は長野県の出身です。

中学2年の5月から中学3年の1月まではドイツの都市、デュッセルドルフにいたみたいです。

中学時代から深い思考に入り浸る性格で、「宇宙の中での自分のあり方」をよく考えていたそうです。

なかなかそのようなことを考える中学生はいないと思います。

 

鈴木氏はエンジニア系の起業家で、学生時代は理系出身。

その理系に進むきっかけとなったのが高校時代の物理の授業で、ニュートンの運動方式を学んだから。

飛んだボールの落ちる場所を計算できることに衝撃を受け、未来を予測、世界を記述することに興味を持ち始めます。

大学に入っても、(ダフィット・)ヒルベルトや(クルト・)ゲーテルなどの数学を勉強して、世界を知ることや世界の中で動くことの知性という複雑系の考え方を学びます。

哲学的な感じがしますが、鈴木氏は理論的に考えています。

ちょっと凡人には難しいですね。

 

そんな鈴木氏は1995年、大学卒業目前にウェブブラウザの「Mosaic」を知り、大学を休学。

インターネットの世界にのめりこむことになります。

ハイパーリンクやテキストを使ってボーダーレスな教育コンテンツが作れるのではないかと、インターネットの可能性に気づき、更なる研究を深めます。

簡単に言うとWikipediaのようなものを想像していました。

今まで勉強してきた数学、物理学、複雑系の思考とインターネットの知識をすり合わせた結果がスマートニュースの設立につながっているように思えます。

 

自分でインターネットの可能性を探求しなければという使命感を覚え、ITバブルがはじけた1998年頃からさらに深い研究に入ります。

地域通貨の事を学びましたが、あまりうまくいかないだろうから自分で新しい仕組みを作った方がいいだとか、お金はただの紙切れなのになぜ価値を持つのか。

そんなことをひたすら考え続けます。

貨幣というのはフェティシズムだとか、シャワーを浴びている途中でマルコフ過程を使えば価値が1か所にとどまることなく流れていく仕組みの貨幣が作れると考えます。

それがPICSYという貨幣で、それを展開させることで彼は天才プログラマーと呼ばれるようになりました。

天才プログラマー

鈴木氏は情報処理機構(IPA)において「天才プログラマー」という称号を与えられています。

IPAというのはIT国家戦略のための技術面や人材面から支える経済産業省所轄の独立行政法人です。

その組織が認める「天才プログラマー」とは一体何なのでしょうか?

IPAでは、2000年度よりソフトウェア関連分野で優れた能力を有する「スーパークリエータ」を発掘支援することを目的に「未踏ソフトウェア創造事業」を実施し、毎年度の事業終了時点で担当プロジェクトマネジャー(PM)から特に優秀であると評価された開発者を「天才プログラマー/スーパークリエータ」と認定しています。

引用:https://www.ipa.go.jp/about/creator/

鈴木氏は何やら伝播(でんぱ)投資貨幣「PICSY」という小難しそうな事業を展開させ、それが未踏ソフトウェア事業に認定されたみたいです。

それで天才プログラマーと認定されたみたいです。

もとから電子貨幣・地域貨幣についての研究を進めてきた鈴木氏。

一般庶民にはなじみがない言葉ですが、鈴木氏は並外れた頭脳の持ち主であることは間違いなさそうです。

なめらかな社会とその敵

 

鈴木健氏の著作に「なめらかな社会とその敵」というものがあります。

かなり難解な本で、数式などがたくさん出てくるみたいです。

先述のPICSYに関しての事や、貨幣の在り方についてとても詳しく書かれています。

なめらかな社会についてはこのように語っています。

いまの学校教育は、国語、数学、理科、社会などの教科に分類されているから、例えば社会を勉強している時は、国語の勉強はしないということになっている。本来そんなことはないはずなのに、分類をしてしまうことで人は制約されてしまうと思うんです。ニュースにしても同じで、いま多くの人たちは自分が住むマンションの近所にあったコンビニがなくなったという身近なニュースと、地球の裏側で起きた犯罪を全く別の情報として認識してしまっていて、それはひとえにメディアの影響によるものなんです。これらの情報をひとつの世界の中でなめらかにつなげるにはどうすればいいかということを考えていくと、その人の興味や体験を元にした最適な情報が得られるアーキテクチャをつくるということに行き着くんです。

スマートニュース設立

スマートニュースの前身となったのが、2011年にリリースした「Crowsnest」。

Twitterのデータをスクロールしていって、タイムラインの中からその人にとっておもしろいニュースを探してあげる機能のアプリでした。

ですが半年で数万人のユーザーしか獲得できませんでした。

これが失敗に終わった後、浜本階生さんとともに2012年にスマートニュースをリリース

これが初日から爆発的なダウンロード数を獲得します。

Crowsnestが1年かけたものを1日で超えます。

 

当時まだニュースアプリは主流ではありませんでした。

売れるのかという不安の声もありましたが、決意と覚悟で、今ではスマートニュースアプリ市場のパイオニア的な存在となりました。

スマートニュースの特徴として、地下鉄などの電波の届かない状況でもニュースが読めるというのがあります。

それがヒットするかどうか確信はなかったそうですが、「やってみないとわからないよね」と。

結果爆発的なヒットを生み出したのですから、こんなことがあるんだと鈴木氏は驚いたそう。

 

今まで理論的に考えてきた鈴木氏でも、決意、覚悟、情熱、直感的に進んでいった結果、最後にこのような成功を収めることができました。

 

2020年現在月間のユーザー数は500万人以上。

鈴木氏は浜本氏とともに2020年のフォーブスジャパンのスタートアップ起業家ランキングで堂々1位に輝きました。

これからの活躍に期待がもてそうです。

鈴木健(スマートニュース社長)の学歴(出身高校,大学)は?

鈴木健氏は長野県の生まれで、小さい頃は父の勤務の関係でイタリアやドイツで暮らしたこともあります。

基本、日本の学校に通っていましたが、小中高どこの学校に通っていたかは不明でした。

大学は慶応大学の理工学部出身です。

当時は弁論部に所属していたみたいで、他の学生からは「ずば抜けて頭の回転が速く、ぶっ飛んだことばかり言うため、マッドサイエンティストと呼ばれた」と語っています。

確かに鈴木氏が貨幣の勉強などをしていたことから、周囲からそういわれるのもうなずけます。

鈴木健(スマートニュース社長)の年収は?

引用:https://about.smartnews.com/ja/2018/11/29/1129/

鈴木氏のお金にまつわる話にも触れておきましょう!

鈴木氏の年収についてです。

結論から言うと、はっきりした年収額や報酬額は分かりませんでした。

 

2020年現在スマートニュース株式会社は資本金は61億円。

社員の平均年収は480万から1200万円。

役職や業績によって大きく変わるものだと思います。

 

非上場のため、鈴木氏の株情報などは分かりませんが、数千万円ぐらいの年収はあるのではないかと考えます。

スマートニュースはまだまだ登り竜の会社ですので、社員数も増えていくと思いますし、上場もあるかもしれません。

海外のメガベンチャーと伍していく存在のはずですから、お金に関しても注目です。

 

鈴木氏本人はインタビュー記事などから、お金に関しては執着はないように思います。

鈴木健(スマートニュース社長)の家族(妻や子ども)は?

鈴木氏の結婚情報や家族についてさぐってみました!

しかしながら、そういったプライベート情報は一切わかりませんでした。

こればかりは謎のベールに包まれています。

鈴木氏は40代ですから、一般的に考えれば、家族がいてもおかしくない年齢です。

もしかしたら仕事一筋で独身ということも考えられます。

仕事でない時は皇居回りをジョギングしていたり、同じ起業家仲間(メルカリの山田氏やLINEの森川氏)とも交流があるようです。

まとめ・鈴木健はどんな人?

引用:https://www.axismag.jp/posts/2019/07/131271.html

いかがでしたか?

今回鈴木氏の経歴についてまとめてみましたが、スマートニュースを設立まで、鈴木氏が何を考えてそう至ったのかは非常に重要なことですね。

しかしその考えや思考回路は凡人にはとても想像がつかないような、高次元のもので、とても視野が広いものです。

 

単に理系のエンジニア系の人間というのではなくて、哲学的になぜなぜと探求する面もあれば、スマートニュースを爆発的ヒットさせたみたいに、直観力や経営センス光らせることもあります。

単純に言えば、日本人代表の頭のいい人、と言っても過言でないと思います。

こういう人がこれからの日本をリーディングしていくのでしょう!

鈴木健氏の活躍に期待していきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました