サンダーピチャイ(グーグルCEO)の経歴を紹介!年収や資産から家や妻と子どもを調査!【Google CEO】

みなさんこんにちは!

今回はグーグル(Google)の経営者についてまとめてみました。

グーグルを知らない人はなかなかいないかと思います。

でもCEOって誰かと言われると、答えに詰まるかと思います。

ラリーペイジ氏は今回ご紹介するCEOの前任者ですね。

グーグルのCEOはサンダーピチャイ氏という方です。

一体どんな人なのでしょうか?

サンダーピチャイ氏の経歴から年収や資産、家や妻と子どもについてまとめてみましたので、ご覧ください!

サンダーピチャイ(グーグルCEO)の経歴は?

引用:https://roboteer-tokyo.com/archives/2253/2

サンダー・ピチャイ(Sundar Pichai)

●1972年 インド タミルナードゥ州に生まれる

●1994年 インド工科大学カラグプル校で工学士の学位を取得

●2002年 ペンシルベニア大学でMBA取得

●2004年 グーグル入社

●2014年 グーグル上級副社長に就任

●2015年 グーグルCEOに就任

ピチャイ氏はインド出身です。

人口400万に程のチェナイという町に生まれます。

タミル人の両親のもとに生を受け、父はエンジニアで工場の経営者、母は速記者という家庭でした。

家庭は裕福ではなく、家には電話が置いてなく、車もなく、オンボロのアパートに住んでいたそう。

しかし、成績の方は優秀で、高校時代はクリケットに熱中していたそう。

卒業後にインド工科大学に進学します。

インドの中でも名門の大学で、国家の重要な研究機関として位置づけられ、数々のIT企業のスーパースターたちを輩出している大学です。

そこで冶金学や工学などを学びました。

さらにピチャイ氏はインド工科大学を卒業した後、スタンフォード大学に進学します。

スタンフォード大学で理学修士(MS)を得て、さらにはペンシルベニア大学で経営学修士(MBA)も取得しました。

当初はそこで博士号(ドクター)を得て、研究者の道を選ぶ予定でした。

ですが、シリコンバレー半導体メーカーApplied Materialsでエンジニアとして就職。

その後は、エンジニアとしての仕事やマッキンゼーでコンサルタントの職にも就きながら、ビジネススキルを高めていきました。

2004年にピチャイ氏はグーグルに入社します。

入社後の仕事は検索ツール担当のチームに所属します。

そこでピチャイ氏は自社製の開発ブラウザを提案します。

そう、Google chromeです!

その開発プロジェクトリーダーとなったピチャイ氏ですが、当時のCEOは反対していました。

ハイリスクでローリターンと考えていたそうですが。

しかし、ご存じの通り今やGoogle chromeは世界中の人が使っており、マイクロソフトのMicrosoft edgeに匹敵するものとなっています。

その後もピチャイ氏はchromeのOSの開発事業やGmailやGoogleマップの開発の監督、アンドロイドOSの開発も手掛けていきました。

そういった功績が評価されたのでしょう。

2015年にGoogleの持株会社アルファベットが誕生し、ピチャイ氏はグーグルの最高経営責任者(CEO)となりました。

当時CEOだったラリーペイジ氏は親会社のアルファベットのCEOに。

そして上級副社長でペイジ氏の右腕だったピチャイ氏がグーグルのCEOとなりました。

サンダーピチャイ(グーグルCEO)の年収や資産は?

引用:https://www.businessinsider.jp/post-100810

GAFAの一角を担う、グーグル。

そんな世界的企業のCEOであるピチャイ氏はどのくらいの年収と資産があるか、気になるので調べてみましょう。

2015年に就任したピチャイ氏は、2016年には1億9900万ドル(約218億円)という額を受け取ったと言います。

ただ、これはほぼ株によるもの。

年間給料は65万ドル(約7000万円)でした。

1億を切るというのは意外と少ないように感じましたね…。

続いて資産はどうなのでしょうか?

調べてみると、2017年の時点で12億ドルほどあったといいます。

およそ、1300億円になります!

自分の懐の金額だけでなく、株や土地などいろいろありますが、すごい金額だとわかります。

でもこれでもフォーブス誌の長者番付ではアマゾンのジェフ・ベゾス氏など上には上がいますからね。

グーグルほどの世界的企業のCEOならば当然のことだと思います。

サンダーピチャイ(グーグルCEO)の家は?

世界的IT企業のトップに立つピチャイ氏。

住んでいる家はどこで、どういった家なのでしょうか?

調査してみましたが、詳細情報は出てきませんでした。

ただ、家の所在は、アメリカ西海岸方面、カリフォルニア州のロス・アルトス・ヒルズというところにあるみたいです。

Googleマップで調べると、郊外から少し外れた自然に囲まれているような場所だと伺えます。

ですが高級住宅地であり、アメリカで3番目に高い住宅価格を誇り、その中央値は7,755,000ドル(約8億円)になります。

やはり、お金をたくさん持っている人だからこそ住めるかなと思いますね。

おそらく住んでいる家も相当豪華なものでなないでしょうか?

サンダーピチャイ(グーグルCEO)の妻や子どもは?

成功者の仲間入りを果たしているピチャイ氏。

そんなピチャイ氏の家族(妻や子どもは)はいるのでしょうか?

引用:https://www.businessinsider.jp/post-100810

ピチャイ氏には妻と子どもがいます。

奥様はアンジャリピチャイさんという方。

子どもは2人(一男一女)いて、4人家族ということになりますね!

ピチャイ氏はとても優しそうなので家族も幸せそうな様子が浮かびます。

子どもは英才的な教育を受けているのでしょうか?

ピチャイ氏本人頭がいい人ですから、おそらく子どもも優秀な子に育つのでしょう。

もしかしたら、将来どこかの企業の社長になるかもしれませんね。

まとめ・サンダーピチャイはどんな人?

引用:https://medium.com/

世界の経営者にはいろいろなタイプがいますが、サンダーピチャイ氏は他の経営者と一味違う点があります。

それは、社員から愛されているということ。

社内ではピチャイ氏のことを悪く言う人はいないそうです。

ずっと一緒に仕事をしてきた人たちからは「控え目で頭が切れ、協調性を大切にし、かつ自分の考えを持っている慎み深い人」と言います。

なので決して派手なタイプではありませんが、謙虚な人で多くの支持を集めています。

そういった人柄もあってこそ、成功者の証なのでしょう。

仕事での人間関係がそうなのですから、家庭でも愛妻家で家族思いなのは間違いないと思います!

少しピチャイ氏に親近感が持てましたね!

今後の活躍に注目したいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする