杉本宏之の経歴!出身大学や年収・資産,愛車から深田恭子や離婚歴(元妻)の情報を調査!【株式会社シーラホールディングス創業者】

引用:https://sylaholdings.jp

みなさんこんにちは!

今回は杉本宏之氏の経歴や出身大学,年収・資産,愛車,深田恭子や離婚歴(元妻)情報を調査しました!

株式会社シーラホールディングスという会社をご存じでしょうか?

主に賃貸物件の経営、分譲、仲介などを行っている企業です。

現在その会社の取締役会長を務めている杉本氏ですが、もちろん経営者として素晴らしい実績をあげています。

ですがそこまでに至る道のりがまるでジェットコースターのような波乱万丈の人生だったのです。

最近では女優の深田恭子さんとの交際情報もあり、プライベートでも気になる人です。

その決して華麗とは言えない、杉本氏の泥臭い人生をたどってみましょう!

杉本宏之の経歴は?

引用:https://diamond.jp

杉本宏之(すぎもと ひろゆき)

●1977年 神奈川県川崎市で出生

●1993年 川崎総合高校へと進学

●1996年 専門学校へと進学

●1998年 投資用ワンルームマンション販売会社へ就職

●2001年 株式会社エスグランドコーポレンーション設立

●2010年 株式会社SYホールディングスを設立

不動産業を行っていた父は地元の小さな会社で働いていました。

しかし、杉本氏が生まれて間もない頃に倒産してしまいます。

原因は杉本氏の父が掲げていた経営方針に異を唱えていた専務による社員の引き抜きだそうです。

その後、借金を抱えた一家は借金取りに追われながら各地を転々とします。

生まれ故郷である川崎にて落ち着いた生活を送れるようになった頃、小学二年生の杉本氏は交通事故により足を負傷します。

また、中学二年生の時には家計を支えていた母が末期の胃がんにより死去。

若い頃から壮絶な人生を送っていたんですね。

その後、生活保護や奨学金制度を使い、川崎総合高校へ進学しました。

バイトを始め、少しずつ華のある生活を送れるようになってきた頃にある事件が起きます。

杉本氏の父が生活保護のお金を使い果たし、バイトで稼いだお金をせがみ始め喧嘩が起きたのです。

興奮した父は包丁を手に取り心中しようと杉本氏を刺してしまったそうで、これをきっかっけに自分の力でこの生活から抜け出さなければならないと強く決意したそうです。

専門学校へ入学した杉本氏は宅建主任者資格を取得、投資用ワンルームマンション販売会社に就職し22歳でトップ営業マンになりました。

24歳になり「株式会社エスグラントコーポレーション」を立ち上げ、不動産業界市場最短そして最年少での上場を果たしました。

しかし、2008年リーマンショックにて倒産

またもや負債を抱えることとなります。

2009年、民事再生法の適応により一難を得、2010年「株式会社SYホールディングス」を設立

現在ではシーラホールディングスという名前で、売り上げ200億円という大きな会社に発展しているようです。

保有する物件の稼働率が99.6%を誇り、リーマンショックでの反省から狭くて安い物件が一番需要があると考え、安定した家賃収入を確保しています。

現在、目まぐるしく変わる世界情勢とIT・AIの生産性向上の世の中で、どのように企業を存続していくかが経営者としての腕の見せ所です。

杉本氏はリーマンショックのような経済危機が再来することに万全な準備とあらゆる趣味レーションを行い、将来を見据えています。

日本の企業はまだまだ成長段階にあるとする杉本氏。

これからの活躍が楽しみですね。

杉本宏之の年収・資産は?

引用:https://interview.talknote.com/company/syholdings.html

22歳ですでに年収2000万円を超えていた杉本氏ですが、

現在の年収や資産はいくらぐらいなんでしょうか。

一説では、資産は20代のうちに100億に届くか届かないかというところまで積み上げたそうです。

やはり不動産業は動くお金の大きなが違うのもあって上がり幅がとてつもないですね。

30代には400億円にまで膨れ上がった負債ですが、現在では再起を果たし売上高200億円を超えています。

おそらく年収も資産もとても多いに違いありません。

会社経営だけでなく自身の書いた書籍の印税なども合わせると年収は何十憶単位だといえるでしょう。

杉本宏之の愛車は?

営業時代はドイツの高級車メルセデスベンツを愛用していたそうです。

様々なクラスがあるメルセデスベンツですが、Sクラスともなるとそのお値段はなんと1000万円を超えるのだとか。

お金持ちで有名な叶姉妹も愛用している車を20代で乗っていたと考えると羨ましいですね。

現在は、トヨタのヴェルファイアを愛用しており、深田恭子さんとの熱愛が発覚したのもこのヴェルファイアに同乗していたからです。

価格は340万円以上で、トヨタから販売され<ているミニバンでアルファードと姉妹関係といわれています。

メルセデスベンツに比べると少しばかりリーズナブルに感じますが、快適な広さと燃費の良さをうたっている人気の国産車なので乗り心地にこだわっているように感じますね。

杉本宏之の離婚歴(元妻)や深田恭子の情報

杉本氏には二度の結婚歴があります。

一度目の入籍は2005年でお相手は年下の一般女性です。

二人の間には子供がおり、杉本氏の執筆した書籍に「まだ2歳のかわいい盛りだった娘との別れは辛かった。」という記述から娘さんが一人いることが伺えます。

離婚の時期がリーマンショックの頃と被っているので、原因は経済的な面にあったと思われます。

子育てには最低限の経済力も必要となるのでこればかりは致し方ないですね。

二度目の入籍は2011年。

お相手は韓国人の人気女優であるオセジョン氏です。

本名ギムヤンフィであるオセジョン氏との出会いは不明なままですが、当時はとても仲が良く二人で買い物などにも出かけていたようです。

離婚の原因はオセジョン氏が杉本氏の浮気を疑い始めたのがきっかけだそうです。

2016年頃から別居するようになり、その二年後である2018年に正式に離婚する運びとなりました。

引用:https://otonajyoshitrend.com

現在では日本の人気女優、深田恭子さんと交際している杉本氏。

三度目の結婚が報道される日はそう遠くはないのかもしれません。

まとめ

杉本氏の人生は波乱万丈という言葉を体現したといっても過言ではない程に紆余曲折があります。

給食費を払うことすら難しかった幼少期と比較すると、現在の杉本氏の成長は恐ろしいほどです。

ZOZOTOWNの前澤氏や起業家のホリエモンこと堀江氏とも友好関係にあるので、これからも成長すること間違いなしと思われます。

自身の環境や時代背景をものともせず、必死に努力し成功を勝ち取った杉本氏の生き方からたくさんのことが学べそうですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする