株の仕組みについて!株主になるとどんなメリットがあるのか?

こんにはちは、起業家INDEXのTomです。

よく株という言葉を聞きますが、そもそも株とは何のことでしょうか。

また株を持っていると何のメリットがあるのでしょうか。

株とは何?株主とは?

株とは株式会社が資金を集めるために発行する証明書の事です。

会社を設立するためにはたくさんのお金が必要ですよね!

会社は資金を投資家たちから募ります。

代わりに会社は投資家に株式を渡します。

会社に将来性を感じたり、成長しそうという期待でお金を提供。

提供してくれた人を株主(オーナー)と呼ぶのです。

株主になると何ができるの?

会社に資金を提供する株主たち。

当然、お金を渡したらいくつかのメリットがあります。

以下、それぞれ解説していきます。

1.株主総会に参加できる

株主には株主総会参加できる権利が与えられます。

株主総会とは会社の経営に関わる基本方針を決める最高意思決定機関。

実際に企業を経営するのは会社の取締役が開く取締役会です。

しかし、株主は株主総会で議決権を得て、会社の意思決定に参加できます。

2.配当金がもらえる

配当とは会社が得た利益の一部を、株主へ支払うものです。

「一株当たり配当金〇円」

株主とは、お金が足りない企業に対してお金を投資する人や企業のことをいいます。

事業がうまくいったお礼とし て、利益の一部を還元する行為が配当なのです。

では、配当金はいくらもらえるのでしょう?

配当金の金額は企業によって異なります。

その企業の配当金がどれくらいもらえるかを考える指標が、配当利回りです。

配当利回り(%)=一株当たりの配当金÷現在の株価

例:どちらも1株あたりの配当金が10円のA社とB社があるとします。

A社の株価が1000円、B社の株価が500円だとすると

A社:一株当たりの配当金10円÷株価1000円=配当利回り1%

B社:一株当たりの配当金10円÷株価500円=配当利回り2%

同じ配当10円を得るために1000円必要か、500円必要かということです。

配当金が大きい経営者(2017年)

・ソフトバンク 孫正義社長 101億円

・ファーストリテイリング 柳井会長 80億円

・スタートトゥデイ 前澤社長 35億円

3.株を売る権利がある

株主は持っている株を売却できる権利があります。

自分が買った株の価格よりも、高い値段で売れば、利益を得られます。

これをキャピタルゲインと言います。

「株を安く買って、高く売る」というのが株の一般的な儲け方法です。

4.株主優待券が得られる

株主優待券は会社の「自社商品」「割引券」など様々なサービスを受けられます。

株主優待をお目当てに株主になる方もいます。

テレビで話題になった「桐谷さん」という方は株主になりまくって株主優待を絶えず受けているひとですよね。

上手くやりくりすれば、節約など賢く使えますので、優待を受けることを目的に株を購入するのも手だと思います。

こちらのサイトで詳しく説明されておられますので参考にしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする