関口舞の経歴は?出身大学や年収・資産、恋愛経験について調査【株式会社プールサイド】

みなさんこんにちは!

今回は関口舞氏の経歴,出身大学や年収・資産,恋愛経験についてです。

関口舞氏は一般企業に就職はしましたが、自分の経験やアイディアをすぐにアプリやサービスとしてリリースしてそのどれもが有名になっています。

そんな関口舞氏は一体どういった経歴の持ち主なのか、まずは経歴から調べていきます。

関口舞の経歴

引用:https://careerhack.en-japan.com/report/detail/648

関口 舞(せきぐち まい)

・1990年 出生
・2009年 明治大学へ進学
・2013年 外資系広告代理店へ就職
・2014年 両想い確認アプリ「one heart」のリリースとともに
                株式会社プールサイドを立ち上げ
・2014年 人工知能を研究している松村有祐氏と株式会社LIPを共同で立ち上げ
・2015年 マッチングアプリ「nine」、Webサービス「#2015bestnine」をリリース
・2016年 婚活サービス、性格診断サービス「mgram」をリリース
・2017年 株式会社LIPを辞任

関口舞氏は2013年に外資系広告代理店へ就職はしていますが、半年後に退職しています。

その後、広告代理店の経験を活かしフリーランスで広告PRの仕事を行っていたそうです。

その後、両想い確認アプリ「one heart」をリリースと同時に株式会社プールサイドを立ち上げています。

アプリもApp Storeのカテゴリランキングでも10位に入ったり人気があるサービスで、個人情報にはFacebookを利用していましたが、FacebookのAPI仕様変更によってサービスを終了することを余儀なくされました。

関口舞と恋愛経験

引用:https://www.foriio.com/works/11157

関口舞氏は株式会社プールサイドの立ち上げと同時に両想い確認アプリ「one heart」をリリースしています。

このアプリはFacebookを利用した両想い確認アプリとして評判があったそうですが、このアプリを作った経緯には関口舞氏自身の過去の恋愛経験が要因だったそうです。

関口舞氏は恋愛に内気な性格で、当時好きな男性に対して告白をすることができなかったそうです。

その後男性の知人から好きな男性も関口舞氏のことが好きだったと両想いの事実に気づき、告白しておけばよかったと後悔されています。

そのような経験を活かし、実は両想いだったということに気付いてもらい後悔しない選択肢を与えるために「one heart」をリリースしたそうです。

自分が経験した後悔を糧に、他の人がこのような経験をしないようにしたいという思いからこのアプリを思いつき実際にリリースし、最終的に会社を立ち上げるまでに至っています。

関口舞の学歴(大学)

引用:https://careerhack.en-japan.com/report/detail/648

関口舞氏は高校は地元の高校へ通い、大学は明治大学に進学していました。

同大学の卒業生には世界でも有名な北野武氏、タレントの山下智久氏、女優の北川景子氏など様々な有名人が卒業されています。

関口舞の年収・資産

引用:https://w.atwiki.jp/talentsokai/pages/215.html

就職した外資系広告代理店を僅か半年で退職し、様々なアプリやWebサービスを開発・リリース、さらにはサービス終了まで体験してきた関口舞氏ですが、年収や資産は一体どれほど保有しているのでしょうか?

関口舞氏の年収は一切公表されていませんが、会社の利益に関するものを材料に年収を推測してみましょう。

まずは初めてのアプリone heartですが、App Storeカテゴリランキング10位ということでかなりのダウンロード数、利用数だったことが伺えます。

これだけでも数百万以上の利益を生み出していた可能性があります。

その後4000万円を投資家から出資してもらい様々なアプリを開発していたそうですが、one heartのようにヒットするアプリは少なく資金が尽きかけてたようです。

ヒットアプリは複数リリースしていたようですが、その利益をそのまま次のアプリ開発や広告に利用していたということで、関口舞氏の年収を考えると恐らく一般会社員以上の約400万円~500万円かと思いますが、現在はアプリ開発だけではなくメディア露出も増えています。

ニュース番組のコメンテーターや番組パーソナリティーとしても活躍しているのでそれだけでも年間で300万円以上はこえているのではないかと推測しています。

関口舞氏の資産についてもアプリ開発でもひらめいたアイディアを現実にするために次から次へサービスを展開しています。

その際の運転資金で何度も投資家に出資してもらっている実績があるので数千万資産として保有していることも考えられます。

まとめ

自分自身の恋愛経験から大ヒットアプリを開発し、現在まで様々なヒットアプリやサービスをリリースしている関口舞氏ですが、アプリ開発だけではなくラジオやニュース番組のコメンテーターとしても活躍されています。

さらには詩や小説も執筆されておりマルチな面で活躍されています。

関口舞氏は熱意があれば自分のアイディアを世の中に広めることができるということをインタビューで話しているので、今何か行動を起こしたいけど自信がないという方は関口舞のことを更に詳しく調べてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする