社長

大塚久美子の年齢や経歴は?兄弟の事,独身の理由や結婚情報,若い頃が綺麗で可愛く話題!【大塚家具社長】

引用:http://www.lawschool.tsukuba.ac.jp/data1/graduates-msg/graduates01/

みなさこんにちは!

今回は、大塚家具の社長である大塚久美子社長について調査!

大塚久美子の経歴や年齢、独身の理由や結婚情報、さらに若い頃が綺麗で可愛いと話題なのでそのあたりを暴いていきたいと思います。

大塚久美子の年齢は?プロフィールを紹介!

引用:https://diamond.jp/articles/-/176954

大塚 久美子(おおつか くみこ)

生年月日:1968年2月26日 51歳(2019年現在)

出身  :埼玉県春日部市

学歴  :一橋大学経済学部 筑波大学法科大学院

肩書  :大塚家具代表取締役

大塚久美子の経歴は?

●1968年 春日部市に生まれる

●1991年 一橋大学経済学部卒業 富士銀行(みずほ銀行)に入行

●1994年 株式会社大塚家具 入社

●1996年 大塚家具取締役 就任

●2004年 取締役 退任 株式会社クオリア・コンサルティング設立

●2009年 大塚家具代表取締役社長 就任

●2014年 取締役会で代表取締役社長を解任 筑波大学法科大学院修了

●2015年 父・勝久氏との委任状争奪戦で経営権を復権

学生時代

大塚久美子氏は1968年埼玉県春日部市に生まれます。

大塚家具を営んでいた、父・勝久氏のもと、大塚家の長女として誕生しました。

幼少期は春日部駅近くの大塚家具1号店の一角で過ごしていて、勝久氏と店内や倉庫でかくれんぼして遊んでいた思い出があるそう。

久美子氏が小学6年の時に、千代田区に本社が移転し、春日部から千代田区に引っ越し。

本社がある九段北と同じ、白百合学園中学校・高等学校に進学。

いわゆるお嬢様学校です。

当初は理系でしたが、数学が苦手だったらしく大学は文系学部へ。

一橋大学経済学部に進学しました。

就職へ

引用:https://style.nikkei.com/article/DGXMZO04985850Z10C16A7000000/

一橋を卒業後、研究者の道を考えましたが、当時女性の就職難であったため、バブル景気のうちに就活をしました。

富士銀行(現・みずほ銀行)に総合職として入行し、融資課に配属されます。

その後国際関係の仕事を担当するなどして、3年間銀行マンとして働きました。

1994年に小売業に関する法令が変わり、大塚家具も店舗拡大に向かっていました。

業容拡大に伴い、人手が足りなかったことやバブル崩壊で銀行を取り巻く環境が厳しかったこともあり、実家である大塚家具に入社することになりました。

大塚家具へ

1994年に久美子氏は大塚家具に入社します。

その当時はバブル時代に建てられた建物が供給過剰になり土地価格が暴落し、大型ショールームを出店する計画を立てていたころでした。

父が大阪に出向いて経営指揮をとり、東京の方は娘である久美子氏に任せようとしていました。

1996年に大塚家具の取締役として経営者の一員に。

経営企画、経理、営業、広報、商品本部長などを歴任し、個人商店的組織から、全国チェーン店の大規模企業に仕立てるため策を講じました。

こうして大塚家具は急成長を遂げていって誰もが知る家具店になっていきました。

独立へ

入社から10年後の2004年、久美子氏は業績を上げたことに達成感を感じ、独立することを決意しました。

立ち上げた会社が、株式会社クオリア・コンサルティングという、IRと広報を専門とする会社でした。

これだけでなく、コンサルティング会社フロンティア・マネジメント株式会社の執行役員や、大塚家の資産管理会社である株式会社ききょう企画代表取締役、社団法人如水会理事なども務めていました。

さらに2006年48歳で筑波大学法科大学院に入学し、更なる飛躍を目論みます。

なぜ法科大学院に入ったかというと、弁護士では法律の専門家であるが、なかなか会社の内部事業まで知るには時間がかかり、自分自身が法律の知識を得れば、スムーズにいくというものでした。

すると2007年に大塚家具がインサイダー取引を摘発され、業績も悪化。

久美子氏はやむなく大塚家具に再び戻ります。

大塚家具の代表取締役社長

2007年に再び大塚家具へ入社。

2009年に大塚家具の代表取締役社長に就任した久美子氏。

父・勝久氏はその当時社長でしたが、久美子氏と交代し、会長になります。

久美子氏が取締役だったころの10年間は順調でしたが、退任した2004年ごろからはニトリやイケアなどのライバルにとられ、業績悪化。

世間は当時の大塚家具の高級販売、会員制販売よりもニトリなどのカジュアル風味で値段がリーズナブルな方を選んでいます。

社長に就任した久美子氏はこの事態を変えるべく、高級路線からカジュアル路線へ修正した方が時代に合っていると判断。

ですが、この経営方針が父・勝久氏との対立を生みます。

2014年の取締役会で、久美子氏を代表取締役社長から解任したのです。

そして自ら社長兼会長となり、権力を握ったのです。

お家騒動 父・勝久氏と対立!

引用:https://takumi-otsuka.jp/company/

経営方針で対立し、追われる立場となった久美子氏。

しかし、久美子氏も黙っておらずクーデターを起こします。

当時の大塚家具は約4億円の赤字を出しており、経営難に陥っておりました。

勝久氏の築いた会員制販売での売り上げが頭打ちとなり、社内でもカジュアル路線に変更した方では良いのではないかと声が上がります。

2015年1月に取締役会にて、経営体制を一新するよう示した株主提案を出し、これが通り、久美子氏の社長復帰となりました。

 

ところが勝久氏もこれで引き下がりません。

事態は泥沼化。

親子同士で経営方針を巡り、同族経営者の母や兄弟たち含め株主総会で争うことに。

これが2015年3月ごろに話題になった、大塚家具のいわゆる「お家騒動」です。

勝久氏は大塚家具の18%を保有する筆頭株主であることを盾に、自らを社長とする株主提案を出します。

勝久一派には母、長男、三女の夫。

一方の久美子氏も株式10%保有する大塚家の資産管理会社を後ろ盾に、勝久一派を除く社長選任案を出します。

久美子一派には次男、次女、三女。

この勝負の決着は株主総会で行われ、株主(勝久氏)と経営者(久美子氏)による委任状争奪戦、プロキシーファイトとなりました。

こうして2015年3月に株主総会を迎え、久美子氏の提案に61%の賛成が集まり、久美子氏が代表取締役社長となりました。

結局勝久氏の案は否決されることとなり、株を売却し、大塚家具から退いています。

お家騒動で味方になってくれた長男とともに従来の大塚家具スタイルである「匠大塚」を起業しました。

引用:https://business.nikkei.com/atcl/report/15/110879/062800382/?P=2&mds

勝利した久美子氏。

一方で敗れた勝久氏。

二人はこの後、しばらく絶縁状態が続いたそうです。

ヤマダ電機と業務提携

久美子氏が社長復帰しても、大塚家具の業績は厳しいものでした。

会員制を中止し、来店しやすい店づくりに取り組んだが、その路線はニトリやイケアの土俵。

売上高は2007年の727億円から2018年の373億円まで落ち込み、3期連続の赤字。

そんな中2019年12月30日付で大塚家具は家電量販店大手のヤマダ電機と業務提携を結ぶこととなりました。

約43億円で買い付けし、51%の株を保有して子会社化するというのです。

 

大塚家具の業績が悪化しているのもありますが、ヤマダ電機としてもメリットがあります。

ヤマダ電機も家電のほかに、住宅リフォームや家具などを扱う業態「家電住まいる館」を展開しており、その強化のために大塚家具のノウハウを取り入れたのです。

またアマゾンをはじめとした、通販の影響もあり、双方の思いが合致した結果と言えます。

 

匠大塚を展開する勝久氏は皮肉なことに、業績を順調に伸ばしているようです。

勝久氏は久美子氏の決断(業務提携)に残念とコメントを残していました。

 

とはいえ、企業が買収し、買収されるのは時代の流れです。

今後も久美子氏は社長を続投していきますので、これはポジティブに捉えるべきです。

これを機に、大塚家具も復活していくといいですね。

大塚久美子の兄弟は?

久美子氏には4人の兄弟がおります。

久美子氏含めた父勝久氏の子どもは以下の通りです。

長女:久美子氏(大塚家具社長)

長男:勝之氏(大塚家具専務)

次女:舞子氏

三女:智子氏

次男:雅之氏(大塚家具執行役員)

プロキシーファイトでは勝久氏側に長男が、久美子氏側には次女、三女、次男と、大塚家は真っ二つに割れていました。

大塚家は父・勝久氏と母・千代子氏で大塚家具を営んでおり多忙を極めておりました。

そんな中で久美子氏は弟妹たちの面倒をみてきたこともあり、プロキシーファイトでは久美子氏を支持していました。

共働きの両親に代わり、次女以下の面倒を見てきたのが久美子さん。姉を“育ての親”だと感じている」

引用:https://www.news-postseven.com/archives/20150325_311259.html

このように経営面ではもめていましたが、プライベートに関して、特にお家騒動が終わった今では普通の関係になっているそうです。

大塚久美子の独身の理由!

現在50代の久美子氏。

結婚歴はありません。

久美子氏は大学卒業後から、キャリアーウーマン的な働きぶりで銀行マンとなり、26歳で大塚家具に入社。

その後、経営幹部となり、起業して、再び大塚家具に戻り社長となってという経歴。

結婚とかそういうことを考える暇はなかったかもしれませんね。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

大塚家具(@idc_otsuka)がシェアした投稿 -

また、久美子氏の性格に関しても。

見た目とは裏腹に社員に対してかなりきつい発言しているというのです。

売り場を1週間かけて一生懸命直した社員に対して、「馬鹿じゃないの?」という言葉をかけたとか。

そういった暴言も吐くこともあったといいます。

そういったきつい一面が独身の理由とは限りませんが・・・。

大塚久美子の若い頃は?

メディアやネットでお顔をみると、キレイだなと思う人は多いです。

確かに知的な美人オーラが漂っていますよね!

そんな久美子氏の若い頃の画像を探してみました。

引用:https://zakki-king.com/

中学・高校時代の写真です。

 

引用:https://zakki-king.com

30代の頃と思われる写真です。

やはり顔立ちが整った知的なオーラが出ていますよね。

まとめ・大塚久美子について

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

大塚家具(@idc_otsuka)がシェアした投稿 -

■大塚久美子は父・勝久氏と母・千代子氏の大塚家の5人兄弟の長女として誕生

■お嬢様学校から一橋大学へ進学した才女

■元銀行マンで、その後大塚家具に入社

■社長になった後は、大塚家具を会員制販売からカジュアル路線へ変更

■父・勝久氏と経営方針で対立し、プロキシーファイトに発展

■現在まで結婚歴はない

いかがでしたか?

大塚久美子氏について少しわかっていただけたでしょうか?

お家騒動で初めて知ったという人も多いでしょうから、あまり良いイメージを持っていないかもしれません。

ですが、必ずしも経営的な能力に欠けているわけではありませんし、事実2000年代は売り上げを伸ばしていました。

時の運に恵まれない、時代の潮流に順応する形でヤマダ電機で業務提携に至ったと思いますから、臨機応変さや柔軟性のある経営者と感じます。

今後も、大塚久美子氏と大塚家具に幸があることを願いつつ締めたいと思います。

-社長

© 2020 ホリトモ BLOG Powered by AFFINGER5