仲暁子の経歴!会社の評判,プログラミングと漫画家の夢,結婚(旦那)の情報を調査【ウォンテドリー株式会社代表取締役】

みなさんこんにちは!

今回は仲暁子氏の経歴,会社の評判,プログラミングと漫画家,結婚(旦那)の情報を調査しました。

 

リクナビやマイナビなど、求人サイトは世の中に数多く存在します。

ですがそれはあくまで「給与」「福利厚生」をまとめたデータが中心です。

完全な「興味本位」が先行する求人があるなんて…知っていましたか?

宇野氏がお送りする、新時代のサービスについてご紹介しましょう!

仲暁子の経歴

引用:https://www.tv-ranking.com/

仲 暁子(なか あきこ)

仲女史の家庭は中々アカデミックな環境です。

母は認知心理学者、父は生物情報学者という、知識レベルが高い生育環境でした。

女史は小学生の頃、仕事の都合で渡米した母についていき、1年アメリカの小学校で勉強する

機会を得ました。

 

幼い頃より先進的な他国の風土に触れ、またプログラミングを覚える環境にあったことが後の彼女の糧になりました。

幼い頃から初期のMacで絵を描いていたそうですよ!

さて、女史の経歴をざっと見てみましょう!

 

仲暁子女史の経歴

  • 1984年  出生
  • 1990年代 母の仕事の都合でアメリカの小学校へ1年留学 
          先進的な風土を知り、インターネット及びプログラミングに親しめる
          環境で育つ
  • 2008年 京都大学経済学部 卒業
  • 同年   ゴールドマン・サックス 入社
  • 2010年 リーマンショックの余波を受け退職 北海道の母を頼り、漫画家を目指す
  • 同年   Facebook日本支社に入社後、副業で「フューエル」(後のウォンテッドリー)設立
  • 2011年 (株)ウォンテッドに商号変更
  • 2012年 「Wantedly(ウォンテッドリー)」サービススタート
  • 2013年 (株)ウォンテッドリーへ商号変更

 

にっくきリーマンショックの横やりが入ったものの、割ととんとん拍子に彼女は成功を

収めていますね。

 

その転機となったのが「漫画家になりたい」夢だとは、皆さん信じられないでしょう。

仲女史は幼い頃からMacユーザーで、当時の分厚いパソコンで絵を描いて遊びました。

そしてゴールドマンサックス退職後、漫画を描く目的で「Mac Pro」を購入。

自作の漫画をネットに投降していたところ、Facebookの目に止まったのだそう。

 

仲女史はそのひょんなことからFacebookに入社し、個人情報の取り扱いや企業のPR、

何よりもプログラミングについて学んでいきました。

そしてついに、「興味」「嗜好」何よりも「共感」を尊ぶ求人サイト「ウォンテッドリー」

設立するに至ります。

 

「ウォンテッドリー」は求人サイトです。

しかし従来のハローワークを原型にしたサイトとは一線を画す存在です。

 

通常、企業が求人情報を出す場合、働いてほしい人の詳細・スペックを細かに提示します。

資格の有無、経験の有無、給与や福利厚生や有休についてetc.

多少の譲歩があっても、基本的には「会社の出す条件」にマッチしない人材を振り落とす

減点方式での採用がほとんどです。

 

しかしウォンテッドリーは違います。

なんと求人情報につきものの、これらの詳細は全て「なし」!

記載することはおろか、匂わせることすら禁止されているんです!

 

企業側はただ、進行中のプロジェクトの概要や、目指すべき事業の在り方などを述べます。

そして関心を持ってくれた個人と「まず会う」ことで、細々した過程を全て省略します!

こういったやり方は、まさにアメリカの風土に触れ、漫画家という感性を大事にする職に

憧れた女史ならではの発想ですね。

仲暁子の会社の評判は?

引用:https://superceo.jp/tokusyu/manga/100596

求人サイトとしては、かなり異色なウォンテッドリー。

通常のように「いつから、この給料で、これだけ働いてくれる人」という求人を出したい

ところは、まず向いていません。

 

要するに単なる一般社員を求めているのならば、他のサイトの形式の方が向いているというわけですね。

ここを勘違いしてしまうと、募集した企業もやってきた人材もちぐはぐな印象を受け、よろしくありません。

 

「思っていたより相手側が要求をどんどん言ってくる」「就職先に対して態度が大きい(対等

であろうとする)」といったことに目くじら立てているようではダメです。

ここを理解していないと、ウォンテッドリーに対して辛い評価をしてしまいがちでしょう。

 

ウォンテッドリーの募集に反応し、企業にとって得難い人材と言えば、やはり非常に

クリエイティブな存在に限ります。

昨今副業も認められるようになり、各種副業サイトで稼いでいる人も大勢いますが

そんな個人事業主の中で凄腕の人に「このプロジェクトぜひやってみたい!」と思わせる

ことができるのがウォンテッドリーなのです。

結婚(旦那)に関して

仲女史はまだ独身のようです。

かなり開けた感性の持ち主ですので、もし結婚するとしたら同じくらいオープンで

かつ人好きのする性格の人でしょう。

 

ご両親からして教育環境はバッチリですし、お子さんが生まれてもとてもいい環境で

育てられそうですね。

まとめ

引用:https://www.sbbit.jp/article/cont1/29533

「共感」を前面に打ち出している求人サイトは、初めてみると面喰ってしまいますが

使いこなせる企業・個人ならば、まさに鬼に金棒といったレベルで便利な代物です。

 

企業とアポを取った個人の中には、ひたすら興味のある企業のお話を聞きたいだけ

人脈を作りたい…という下心のある人も相当数混じっていると聞きますが、今の世の中

それくらいバイタリティのある人が好ましいかもしれませんし、企業側も人材を見る目が

養われそうで、かえっていいのかもしれません。

 

この新時代のサービスが今後どうなるか?注目していきたいですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました