元谷芙美子(アパ社長)の経歴や出身は?年収や豪華自宅、旦那の事まで徹底調査!【アパホテル株式会社社長】

みなさんこんにちは!

今回はアパホテル社長元谷芙美子社長についてです!

アパ社長として、CMやテレビで見たことがある方も多いのではないでしょうか?

とてもセレブリティなイメージのある元谷社長ですが、詳しい人柄まではご存じないかと思います。

元谷社長の経歴や年収、出身地から自宅、旦那さんのことも明らかにしていきたいと思います!

最後までご覧くださいませ!

元谷芙美子の経歴や出身は?

引用:https://r25.jp/article/

元谷 芙美子(もとや ふみこ) 旧姓:西川

●1947年 福井県福井市に生まれる

●1966年 福井県立藤島高校卒業後、福井信用金庫に入庫

●1971年 夫が起業した信金開発株式会社の取締役就任

●1994年 アパホテル株式会社取締役社長就任

●2005年 法政大学卒業

●2006年 早稲田大学大学院 修士課程修了

元谷社長は1947年、福井県に生まれます。

1歳の時に福井地震という大規模な地震が起こりました。

その際、生家が倒壊しましたが、落ちてきた観音開きになった仏壇に守られ助かったそうです。

学生のころから、頭がいいと評判だった元谷社長。

県内No.1とも言われる進学校である、藤島高校に進学します。

将来はお茶の水女子大を卒業し、教員になろうと考えていたそうです。

しかし、元谷社長の父親が病気で倒れてしまい、経済的な事情で大学進学を断念しました。

卒業後、福井信用金庫に入庫します。

北陸に拠点を置く金融機関の、労働組合の会合にて、当時小松信用金庫(現・北陸信用金庫)にいた元谷外志雄さんと出会います。

この方が、のちに結婚する元谷芙美子社長の夫です。

1970年、元谷社長は22歳で結婚します。

結婚後、二人は仕事を退職。

1980年、元谷社長の夫・外志雄さんは信金開発株式会社(現・アパホテル株式会社)を設立します。

元谷社長は夫の会社の営業マンとして活躍しました。

業績が良く、社長である夫から「ホテルだからもてなしができるのは女将であるお前や」と言われ、社長に任命されます。

1994年にアパホテル株式会社の代表取締役社長に就任しました。

その後の元谷社長の活躍ぶりは、周知の通りかと思います。

ホテルの看板に堂々と元谷社長の顔写真が掲載され、「私が社長です」というキャッチコピーは有名ですよね!

カレーや飲料水など、独自の商品を生み出したり、キャッシュバック制度を設けたりと、顧客を勝ち取ってきました。

普通は、起業した夫が有名社長になり、妻は玉の輿という流れが多いかと思いますよね。

しかし、アパホテルをここまで有名にしたのは元谷芙美子社長本人です。

その業績や努力は素晴らしいと思いますね!

元谷芙美子の年収は?

たまにテレビで、豪華な暮らしぶりを披露する元谷社長を見たことがある人は多いのでは?

有名ホテルの代表取締役ですから、さぞかし年収もすごいのでは?って思いますよね!

いろいろ調査すると、2016年にテレビ出演した際に年収を聞かれ、

「5億3,000万円くらいですかね。年間で頂いていると思うんですよ。」と語っていました。

やはり高額な年収でしたね!

役員報酬もそうだと思いますが、その他の諸々の収入があってそれだけの金額になっているんだと思います。

ちなみに夫の収入は2012年の週刊誌の調査で、年収33億円、総資産2,200億とも言われています。

どっからそんなお金が出てくるんだという話ですよね笑

元谷芙美子の自宅は?

元谷社長の豪華な自宅についても調べてみました。

港区麻布にあるみたいですね。

およそ8億円の大豪邸だそうです。

8LDKの3階建てで、広さはおよそ300坪。

外観です・・・。

家には見えませんね~

ガレージにはメルセデスやフェラーリといった高級外車がずらりと並んでいました。

この豪邸、元谷社長が大学に進学(法政大学)するために建てたというのです・・・。

地方から大学に進学してきた学生は何を思うのでしょうか。

元谷芙美子の旦那は?

引用:https://mainichi.jp/articles/20160307/org/00m/010/014000c

ここまで元谷社長の事を書いてきましたが、その傍らにはいつも旦那様の存在がいました。

夫・外志雄さんです。

外志雄さんについてまとめてみました。

●1943年 石川県出身

●1962年 石川県立小松高校出身。

●高校卒業後、小松信用金庫に入庫 並行して慶応大学に通う。(後に中退する)

北陸の金融関係の労組会合で西川芙美子さんと出会います。

9年後に退社し、注文住宅販売会社「信金開発株式会社」を設立します。

その後、33歳でマンション事業を起業し、現在はマンションやホテル、レストラン事業などを中核とする14の企業から成るアパグループの代表を務めています。

そのグループの中のホテル事業としてアパホテル株式会社(社長・元谷芙美子)があるということですね。

引用:https://travel.watch.impress.co.jp/docs/news/1033941.html

また、自ら編集長を務め、毎月6万部発行する月刊誌「Apple Town」に20年に亘って社会時評エッセイを執筆する、執筆家としての顔も持ちます。

他にも安倍晋三の後援会の副会長を務めるなど、政界にも関わりがあるすごい人なんですね!

元谷芙美子はどんな人?

引用:https://r25.jp/article/

さて、元谷芙美子社長について皆さんはどんなイメージを持たれたでしょうか?

派手な生活ぶりがクローズアップされがちかも知れませんが、不断の努力を重ねてきたことは間違いないでしょう。

でなければ、アパホテルはここまで成長できません。

それにホテル業という仕事が、元谷社長にはピッタリだったみたいです。

夫・外志雄さんから社長を任命された際、喜んで引き受けたそうです。

お客様と接するのが大好きな私にとっては天職とも感じたみたいですね!

現在、訪日外国人が過去最高を記録するなど、観光業やホテル業はどんどん盛んになってくると思われます。

アパホテルも観光客の受け皿として、今後も発展していくと思われます!

同時に元谷社長の活躍にも期待ができますね!

今後も注目してみたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする