ZOZO前澤友作社長の愛車を徹底調査!車が大破!フェラーリやブガッティなど

みなさんこんにちは!

起業家INDEXのTomです!

今回はファッション系通販サイトを運営するZOZOTOWNを運営するZOZO!

その代表取締役である前澤友作社長についてです。

月に行くことで有名な人ですが、そもそもどのくらいお金をもっているかとか、愛車も気になると思います。

まずは前澤友作社長の経歴から!

前澤友作の経歴は?

前澤 友作(まえざわ ゆうさく)

●1975年 千葉県生まれ

●1993年 早稲田実業高校時代にインディーズバンドを組みCDをリリース

●1998年 スタート・トゥデイを設立

●2007年 東京証券取引所マザーズ上場

●2018年 社名をZOZOに変更

前澤友作の車!愛車遍歴を紹介!

前澤友作といえば車!というほど、高級車・スーパーカーをたくさん所持しています。

それが尋常じゃないくらい、すごいです。

一般人には縁もゆかりもないような車が登場しますので、決して気を悪くしないでください笑

愛車その1【ブガッティ ヴェイロン】

ブガッティというフランスの自動車メーカーがあります。

フォルクスワーゲンの100%子会社です。

ブガッティという車はメルセデスとかBMWだとか一般人でもがんばったら買えるとか、そんなレベルではありません。

・製造する車両はゴージャス、ラグジュアリー、ハイパフォーマンスな車

ヴェイロンシロンという車種が有名

前澤社長はヴェイロンシロン両方持っています!

ヴェイロンは車両価格およそ1億8,000万円、エンジンパワー1,200馬力あります。

そのヴェイロンの後継車がシロンという車です。

エンジンは、ヴェイロンと同じW型16気筒のクアッドターボ。

ヴェイロンがこちら!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Yusaku Maezawa (MZ)さん(@yusaku2020)がシェアした投稿

愛車その2【ブガッティ シロン】

そしてシロンがこちら!

排気量8.0L、最高出力1,500馬力、最大トルクは1,600Nmを発生。

車にあんまり詳しくない人のために言っておくと、普通の車だったら、だいたい排気量は1~2L、出力は100~150馬力ぐらい、最大トルクは100~150Nmぐらいなんです。

引用:http://car-me.jp/articles/7440

スピードメーターが500キロまであるという時点でおかしさを感じますw

時速100キロなんて2.5秒ぐらいで加速するらしいですよ!

そして、お値段およそ、3億1760万円・・・!!

前澤社長はこんな車を所有しているのです。

しかもブガッティはオーダーメイドで造られる車。

前澤社長の車は、内装がエルメス仕様になっているそう。

だからお値段はもっとするはずです。

引用:https://www.fashionsnap.com/article/2019-04-08/maezawa-car/

スペシャルな1台ですよね。

シロンのすごさがわかる動画をご紹介します。

停止状態から時速400キロに達したところで急ブレーキを踏み、再び停止状態までに戻るまでの時間と距離を測っています。

なんと42秒という記録!

1分足らずで実現できてしまっていて、末恐ろしい車だとわかります。

というか車じゃないと思います。笑

そんなハイスペックな車を所持している前澤社長、すごすぎます!

愛車その3【パガーニ ゾンダ】

引用:https://www.fashionsnap.com/article/2019-04-08/maezawa-car/

パガーニはイタリアの自動車メーカーです。

いわゆるスーパーカーのみを生産し、このゾンダという車種は生産終了しています。

小規模な企業がスーパーカーを生産する企業で、エンジンは自社開発ではなくメルセデスベンツ(AMGブランド)を採用しています。

V12型エンジン搭載、見た目通りのスーパーカーです。

見るからに厳ついし、速そうですよね~。

引用:https://www.idea-webtools.com/2015/03/Pagani-zonda-zozo.html

「ZONDA ZOZO」と刻印されているのが分かります。

特注で世界に一つだけしかない車です。

価格はおよそ3億円と推定されています。

そんな車を購入した前澤社長ですが、たった1年で地元千葉の幕張で事故に遭い大破させてしまいます。

しかも相手の車はメルセデスのマイバッハ(約1億ぐらいする車)だったらしく、この事故で約4億円が吹き飛んだと言われ、SNSで話題になりました。

事故に遭った両者はともに体は無事みたいでしたが、それにしても前澤社長は起こす事故もスケール違いなんですね笑

このゾンダはのちほど、イタリアに修理に出して戻ってきたそうです。

愛車その4【アストンマーチン one77】

アストンマーチンはイギリスの自動車メーカーです。

2009年に発表されたone77、その名の通り77台の限定販売です。

日本人で所有しているのは前澤社長ただ一人だそうです。

排気量7.3LのV12エンジン、760馬力のモンスター車です。

引用:https://www.gqjapan.jp/life/business/20120611/maezawayusaku

お値段は約1億7000万と言われています。

愛車その5【フェラーリ エンツォ・フェラーリ】

引用:http://intensive911.com/?p=60637

この車はフェラーリ創業55年目の2002年、フェラーリの創業者「エンツォ・フェラーリ」さんの名を冠して造られたメモリアルな車なんです!

日本人カーデザイナーの奥山清行さんがデザインしたことでも話題になりました。

フェラーリ会長からエンツォのデザインを依頼され、わずか15分で書き上げ、その場でOKと言われた逸話もあります。

世界で399台生産され、日本に輸入されたのは33台、日本円で7,850万円とされています。

ただ、今ではプレミアがついていますので、中古市場では1億以上はくだらないと思います。

エンジンは6.0LのV12エンジンで650馬力を発生させます。

フェラーリは赤いイメージがありますが、この黒もとてもかっこいいです。

愛車その6【メルセデスマイバッハ S600プルマン】

メルセデスマイバッハとはメルセデスのサブブランドです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Yusaku Maezawa (MZ)さん(@yusaku2020)がシェアした投稿

こちら愛車というよりは移動用の車として用いられるリムジンですね。

マイバッハのラインナップの中でも、プルマンはメルセデス・ベンツ最高級に位置します。

その中でも600プルマンはベンツの高級リムジンの中でも最も有名なモデル。

伝統ある歴史的な高級車であると言えます。

引用:https://www.idea-webtools.com/2016/09/Mercedes-Maybach-S600-Pullman-Guard.html

新車価格はおよそ8,000万円!

6.0LのV12気筒ツインターボエンジン、530馬力の830Nmのスペックです。

まさに後ろに座るVIPのための車です。

一度でいいから、こんな空間でくつろぎたいですよね~

前澤友作の愛車まとめ

前澤社長の愛車を紹介しましたが、最後にその愛車たちが一同に会した動画がこちら!

こんなことができるのは前澤社長だけだと思いますね笑

以上、前澤社長の愛車遍歴でした。