前田裕二の経歴(生い立ち)は?出身高校・大学,年収,自宅,家族(両親や兄弟)を調査!【SHOWROOM株式会社代表取締役】

インターネット
https://mdpr.jp/

引用:https://type.jp/st/feature/4274

みなさんこんにちは!

今回は前田裕二氏の経歴(生い立ち)や出身高校・大学,年収や自宅,家族(両親や兄弟)を調査しました!

テレビ出演や書籍も出版されており、見たこと聞いたことがある方も多いと思います。

SHOWROOMはパソコンやスマホから動画をライブ配信・視聴できるをストリーミングサービスです。

時代に沿った非常に楽しめる画期的なサービスを生み出した新進気鋭の若手起業家の人生を振り返ってみましょう!

前田裕二の経歴(生い立ち)は?

引用:https://mdpr.jp/

前田 裕二(まえだ ゆうじ)

●1987年 東京にて生まれる

●1990年 父親が死去

●1995年 母親が死去

●1998年 路上での弾き語りを開始

●2006年 東京都立深川高校普通科卒業

●2010年 早稲田大学政治経済学部卒業
                外資系投資銀行UBS証券会社へ入社

●2011年 UBS Securities LLCへ転勤 
                ニューヨークにて株式セールス/アドバイザリー業務に従事する

●2013年 株式会社DeNAへ入社
              仮想ライブ空間「SHOWROOM」を立ち上げる

●2015年 SHOWROOM株式会社設立
      ソニー・ミュージックエンタテイメントから出資を受け合弁会社化

●2017年 自身初の著書『人生の賞賛』を出版

●2018年 著書『メモの魔力 The Magic of Memos』を出版

●2019年 プロデューサーとして「バーチャルジャニーズプロジェクト(VJP)」を始動

 

前田氏は生まれた時から父親が不在だったため、母子家庭で育ちました。

しかし、唯一の肉親である母親とも8歳の時に死別しています。

その後、いろいろな親戚にお世話になるのですが、一番愛情を注いでくれたのは実の兄でした。

お兄さんとは年齢が10歳ほど離れており、兄弟というよりも親子のような関係だったといわれております。

学生時代

その後、小学6年生になった前田氏は親戚のお兄さんにもらったアコースティックギターを使って弾き語りを始めます。

はじめは地元である東京の東の方の駅にて弾き語りをしていたそうですが、500円程しか稼げなかったそうです。

そこで、どうすれば稼ぎを増やすことが出来るのかを試行錯誤した前田氏はお金持ちが多そうな土地東京都白金付近へと活動場所を移しました。

その結果、前田氏の予想は見事的中し少しずつ稼ぎを増やすことに成功したのです。

 

さらに新規顧客だけでなくリピーター獲得の必要性を感じた前田氏は自身のファン形成を始めます。

まず初めに、自分の年代に合わせた曲ではなく顧客の年齢層に合わせた曲へと変更。

そして演奏できなかった曲に関しては「次回、会う時までにマスターしますね」と約束しお客様に自身の成長を実感させる仕組みづくりをつくりあげたそうです。

そのように色々な工夫をした結果、最終的には10万円もの大金を稼ぐことに成功したのだとか。

小学生のころからPDCAを回し実際に結果を出すなんて天賦の才があるに違いないですね。

SHOWROOM立ち上げまで

大学卒業後に入社した外資系投資銀行UBS証券会社では、投資家に対し、投資のアドバイスをするコンサルタントをしていました。

新人時代は毎日、朝5時に出社していたという前田氏。

マーケットが開く9時までの間実務の下調べをし、9時からは可能な限りお客様へ電話をかけていたそうです。

新卒の自分がお客様に提供できるものは何かを考えたとき、まずは時間だと考えたため、毎朝5時出勤というルールを自分に課したようです。

それを実際に行動に移し、貫き通すことが出来るその意志の強さは本当にすごいですね。

 

その後、就職活動時代に出会った南場智子氏のアプローチにより、株式会社DeNAへと転職しました。

そこで立ち上げたのが皆さんも御存じの「SHOWROOM」です。

前田氏はこの「SHOWROOM」をスピンオフし、SHOWROOM株式会社を設立したんですね。

 

南場氏の記事はこちら

南場智子の経歴!夫や子どもは?年収や資産から若い頃やマッキンゼー時代を調査!【株式会社ディー・エヌ・エー創業者】
みなさんこんにちは! 皆さんはスマホでアプリゲームをしますか? そんなモバイルゲーム業界の光を当てた会社は誰しも聞いたことあるかと思います。 株式会社DeNA。 その創業者である南場智子さん。 今回はこの方にフォーカスしていきたい...

前田裕二の出身高校・大学は?

前田氏が通っていていた高校は都立高校「深川高等学校」です。

兄に高校進学を勧められ、アルバイト代で通うことが出来るこの高校に決めたそうです。

高校時代はバスケットボール部に所属。

部活後はファミレスにてアルバイト、2~3時間の仮眠をとり、その後新聞配達を行い部活の朝練へ参加という超過密スケジュールを送っていたそうです。

しかしながら勉強面も怠ってはおらず、学内の英語ディベート大会では留学経験がないにもかかわらず帰国子女を押しのけ優勝を獲得したとのこと。

前田氏は、当時の自分を振り返り「あの頃は体力があった。今ではとても考えられない」とコメントしています。

全てこなせてしまうその才能もさることながら、全てを可能にするその体力に驚きを隠せませんね。

 

その後、兄を喜ばせたいという一心で大学進学を決意します。

前田氏は、5教科の学力が必要な国公立では時間が足りないと考えました。

そこで、3教科で進学可能な私立へと目標を絞り、見事早稲田大学政治経済学部への入学を果たします。

大学時代は塾講師のアルバイトを経験しており、生徒の性格に合わせた独自の指導法により担当した生徒全員の成績を上げることに成功しました。

その他にも英会話教室やパチンコ台のラミネートを張り替える仕事など100以上のアルバイト経験があるそうです。

 

どの時代を切り取っても、常人とは違った学生生活を送っていたことが伺えますね。

大学時代にビジュアル系ロックバンドとして音楽活動を行っており、

その際に、音楽業界を努力が報われるような業界にしたいと決意し企業家への道を進むことに決めたそうです。

前田裕二の年収は?

引用:https://type.jp/st/feature/4274

前田氏の気になる年収についてですが、今のところ正確な数字は公表されていません。

SHOWROOM株式会社の2017年度の決算公告を見る限りでは、 当期純利益は-9817万円、利益剰余金は-2億3061万円となっています。

ここだけを見ると非常に厳しく感じますが、 著書である『人生の勝算』や『メモの魔力』の印税なども加味すると 数千万は稼いでいると思われます。

前田裕二の自宅は?

前田氏は渋谷区にある高級マンションに住んでいるそうです。

『FRYDAY』によると”1LDKで6000万円超、4LDKなら5億円を超えるという超高級物件”なんだとか。

あるテレビ番組にて自宅が公開されていましたがとてもおしゃれな内装でした。

通勤は徒歩かタクシーと言っていたのでSHOWROOM本社がある渋谷区神宮前周辺の可能性が高いと思います。

前田裕二の家族(両親や兄弟)は?

先述したように、前田氏には父親はおらず母親もすでに死去しています。

前田氏の人生に大きな影響を与えた兄はすでに家庭を持っており、とてもよい家庭を築いているようです。

前田氏自身、結婚はまだ行っておりませんが、石原さとみさんとの熱愛報道なども記憶に新しいので、家庭を持つ日はそう遠くはないかもしれませんね。

まとめ

過酷な幼少期を乗り越え、持ち前のポジティブマインドとハングリー精神で成功を収めた前田氏。

天性の才能もさることながら、その努力の量は並大抵の量ではありませんでした。

前田氏が出版した著書はどちらも大ヒットを記録しており、多くのビジネスマンが参考書となりました。

DeNA社長の南場智子や一流企業家である堀江貴文さんにも認められる前田氏の企業家マインドは、現代社会に生きる私たちの助けになること間違いなしだと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました