見城徹と安倍総理や尾崎豊など有名人との関わりは?嫁がいるか?年収や経歴もすごかった!【幻冬舎社長】

引用:https://twitter.com/kenjo_toru1229

今回は、出版業界のカリスマ経営者、幻冬舎社長見城徹さんについてです!

出版業界の異端児として知られる見城徹さん。

秋元康さんや堀江貴文さん、藤田晋さん、さらには安倍晋三総理尾崎豊さんなどなど、様々な著名人とつながりがある方です。

そんな見城徹さんについて、すごい経歴や半端ない年収についても明かしたいと思います!

予想通りすごい方でしたよ~!

見城徹の経歴は?

引用:https://superceo.jp/tokusyu/manga/100164

見城 徹(けんじょう とおる)

●1950年 静岡県生まれ

●1973年 慶応大学法学部卒 廣済堂出版に入社

●1975年 角川書店に入社

●1993年 角川書店を退社し、幻冬舎を設立

見城徹さんはもともとマスコミ志望だったそうですが残念ながらかなわず。

印刷会社の廣済堂出版に入社します。

そこでは自身で企画した初めての『公文式算数の秘密』が38万部のベストセラーになります!

20代のころから出版業界での才能を伺わせますよね!

そのあと1975年に角川書店に入社します。

副編集長を経て、月刊カドカワの編集長になります。

編集長時代には部数を30倍に伸ばした実績があります。

このカドカワ時代に尾崎豊さんや坂本龍一さん、松任谷由実さんなどの著名人・アーティストと親交を築いたそうですね!

そして41歳には取締役編集部長に就任します。

1993年、角川書店を退社し、当時の部下5人とともに幻冬舎を設立しました。

私、幻冬舎という出版社は何となく知っていましたが、有名な書籍を調べてみると、色々出てきましたね。

「嫌われ松子の一生」「1リットルの涙」「陰日向に咲く」などなど・・・。

ベストセラー連発です。

独立して社長になってからも見城徹さんはやっぱりすごい人だったことが分かります!

見城徹の若いころのエピソードがすごい!

見城徹さんの父親は小糸製作所という車のヘッドランプをつくる会社で働いていたそうですが、ものごころつく頃には酒におぼれ、アル中だったそうです。

さらには若いころの自分をこう語っています。

僕は劣等感にまみれた少年時代を送った。 当時の僕がどんなことに劣等感を感じていたかというと、まず顔が醜い。そして身体が小さいことだ。 殴られたり、屈辱的なアダ名ではやし立てられたりと、いろいろな悲しい目に遭った──。

                     引用:https://newspicks.com/news/1985525/body/

小学生のころから圧倒的な量の読書をしていたそうですが、そのことも含め、どこか周りから浮いた存在になっていたのでしょう。

担任の先生ですら嫌われていたそうです。

協調性が欠けていたのでしょうが、でもそういう人って大人になってから経営者として成功するパターンって多いと思います。

それに、嫌われていた経験が見城徹さんにとって糧になっているように思えます。

この経験があったから踏ん張れる!みたいなね。

また、あの石原慎太郎さんとの有名なエピソードがあります。

なんとも見城徹さんの特徴をあらわした話です。

石原さんの『太陽の季節』と『処刑の部屋』を目の前で全文暗誦しようとした。「龍哉が強く英子に魅かれたのは」という書き出しから何行かで終わりにするのではなく、文字どおり全文を諳そらんじようとしたのだ。 『太陽の季節』を全文暗誦し始めた時、石原さんは「わかった。もういい。お前とは仕事をするよ」と言ってくれた。

                             引用:https://cakes.mu/posts/8629

見城徹さんは、例えば松本清張と一緒に仕事がしたかったら、松本清張の本を全部読み切ってから会いに行くと言います。

松本清張の本なんて多すぎて読めないと愚痴ってる暇があったら、一冊でも読めよっていう話です。

要は、「もうダメだ」からが本当の努力なのです。

圧倒的な努力をすること、そして結果が出ない努力は努力でないということです。

見城徹と安倍晋三総理

AbemaTVの中で見城徹氏と安倍晋三総理の対談が実現しています。

必要以上に見城さんが安倍総理を持ち上げている気もしなくはないですが・・・笑

二人は密会で食事したりと、意外と関りがある噂があります。

そもそも見城氏といえば、第一次政権放り出し後、野にくだった安倍氏と急接近。首相再就任にも大きな貢献をしたことで知られる。

安倍氏とは行きつけのスポーツクラブで知り合ったという見城氏だが、その後、急速に親しくなり、2012年には首相に返り咲くための応援団を買って出る。

引用:https://www.excite.co.jp/news/article/Litera_4726/

首相再就任の裏に見城徹氏がいたと報じられており、癒着ではないかとの批判もあります。

普通に会食するぐらいならいいと思いますが、裏金が絡んでくると笑いごとでなくなるので、そうはならないと信じたいですね。

見城徹に嫁はいるの?

引用:https://superceo.jp/tokusyu/manga/100164

結論から言うと、現在いません!

しかし、過去にはいたそうですね。

36歳ごろに離婚したという情報がありましたが、それ以外有力な情報はありませんでした。

子どももいないそうですので、家族は愛犬だけみたいですね 笑

交際になった噂の有名人は何人かいましたね。

楠田枝里子さん、田中美保さん、林真理子さんなど。

知性があり努力家の見城徹さんですから、同じタイプの人にモテたのでしょう。

見城徹の年収は?

引用:https://twitter.com/kenjobot

さて、幻冬舎の取締役社長である見城徹さんの気になる年収についてです。

その年収は2010年時点でなんと約1億7700万円でした!

おそらく幻冬舎での報酬ですね。

しかし、見城徹さんの収入源はこれだけではありません。

見城徹さんは、エイベックス・グループ・ホールディングスの非常勤取締役、さらには株式会社ブランジスタの取締役会長も務められています。

そこでの報酬額を合わせると、2億以上は確実にあると言われています!

見城徹さんは日本の社長の中でも有名なカリスマ社長ですから、やっぱり妥当な金額ですよね!

見城徹ってどんな人?

引用:https://president.jp/articles/-/20972

見城徹はコンプレックスをバネにし、圧倒的な努力で成功を収めました。

「過剰」という言葉が似合う人だなと感じます。

でもその過剰すぎる行動が今の見城徹さんを形作っているのでしょう!

自分自身にリミッターを設けない人ですね。

普通の人がこれぐらいでいいだろうと思うラインが、見城徹さんにとってはスタートラインなのです。

見城徹さんについて調べてみると、自分の努力なんてちっぽけなんだなぁと思いますね笑

これからも圧倒的な努力家見城徹さんに注目したいと思います!

最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする