鴨頭嘉人の経歴や出身大学は?マクドナルド時代の活躍や父の事,年収について調査

今回は鴨頭嘉人の経歴や出身大学、マクドナルド時代の活躍、父や年収について調査しました。

炎の講演家称し、年300回ほどの講演を行うプロの講演家として知られています。

YouTuberとしての顔を持ち、その知名度は年々上がっています。

気になる鴨頭氏の素顔に迫っていきましょう。

本記事の内容
・鴨頭嘉人の経歴が分かる
・鴨頭嘉人の父親について分かる
・鴨頭嘉人の年収について考える

鴨頭嘉人の経歴

鴨頭 嘉人(かもがしら よしひと)
生年月日:
1966年12月23日
出身:
大阪府 愛媛県
最終学歴:
今治西高校
肩書:
YouTube講演家 
   株式会社東京カモガシラランド代表取締役社長
   株式会社鴨頭シーパラダイス代表取締役社長
   株式会社カモガシラ・スタジオ・ジャパン代表取締役社長
   株式会社鴨ピューロランド代表取締役社長
   特定非営利活動法人ハッピーマイレージ 代表理事
家族:妻 長男 長女
 

鴨頭氏は大阪出身ではありますが、幼い頃から父の死後との関係で、沖縄に移住したり、福岡、愛媛に転々としていました。

高校は今治西高校出身で、出身大学が気になる方が多いようですが、鴨頭氏は大学を卒業していません。

正確には、高校卒業と同時に大学進学で上京しますが、すぐに退学、中退してしまいます。

どこの大学かは公表されていません。

マクドナルド時代

その後、19歳でマクドナルドにアルバイトとして入社します。

4年間アルバイトとして経験した後、正社員として登用されます。

正社員としてコツコツとスキルを磨き上げていき、1966年、30歳の時に店長に昇格を果たします。

一つのお店の責任者としてさらにやる気になった鴨頭氏は、1998年に全国のマクドナルド3300店舗中、「お客様満足度」「従業員満足度」「セールス伸び率」で第一位を獲得しました。

32歳で社内で大きな実績を上げた鴨頭氏はその後も、数々の実績を積み上げます。

日本マクドナルド創業者である、藤田田社長にプレゼンし、ドライブスルー新システム導入で年間セールス伸び率19%獲得します。

2001年には「優秀店長」を、2004年には当時最年少でオペレーションコンサルタント就任。

2007年には、本社レストランサポート部マネージャーとして就任全国店舗管理を任され、また、全世界のマクドナルドの優秀社員表彰である米国プレジデントアワードも獲得。

2008年にも、アルバイト8人万に採用する大型プロジェクトに参画し、米国サークルオブエクセレンスアワード(全世界マクドナルドの優秀部門賞)も獲得。

2009年には、全国店舗の採用を統括する人事部ピープルディベロップメント部統括マネージャー就任。

このようにマクドナルドで輝かしい経歴を残していきました。

独立

鴨頭氏は2010年に23年勤めたマクドナルドを退社。

起業し、株式会社ハッピーマイレージカンパニー(現・株式会社東京カモガシラランド)を設立しました。

鴨頭氏自身が講演会を行ったり、ビジネスオンラインサロン、YouTube、書籍出版など幅広く活躍しています。

YouTubeの活動は2012年から行っており、「炎の講演家」として人気です。

2013年にリリースした「話し方の学校」は5000人以上の登録者数を誇り、話術に長けた鴨頭氏の話し方講義が大きな支持を持っています。

2017年には、さらに株式会社鴨頭シーパラダイス、株式会社カモガシラ・スタジオ・ジャパンを設立、2019年には株式会社鴨ピューロランド、ビジネスYouTuberの学校も設立。

 

鴨頭氏の話し方や伝え方の技術を活かし、YouTubeなどのツールを伝って多くの人を感化させています。

また、今の鴨頭氏を支えているのはマクドナルドであげた数々の実績であることは間違いないです。

天性的に人をマネージメントさせること、人を教育させること、人を感動させるようなことができる人なのだと伺えます。

対人に関してのスキルにおいてはこの人の右に出るものはいないのではないでしょうか。

鴨頭嘉人の父

鴨頭氏の父親は鴨頭武人という人です。

鴨頭氏がこの世で最も尊敬している人です。

父・武人さんは詳細は不明ですが、警察組織にいた人です。

鴨頭氏いわく、自分の家族にも職務内容を話してはいけないほどの警察の中でもごく一部に限られた重要任務を任されていたのではないかとのこと。

武人さんはすでに故人ですが、お葬式の時に参列した人の中で、黒服の人物が天皇陛下や総理大臣からの表彰状や勲章を置いてくれていったみたいです。

おそらく国家機密に関わる極秘の任務を行っていた人なのでしょう。

 

鴨頭氏は父・武人さんを「おそらく職場では一度も笑ったことがない」と想像しています。

国のため、国民のために尽くしても、国民から直接感謝されるような仕事でないし、サービス業のようにお客様から感謝されたり、笑顔を振りまくようなことができず、ずっとその仕事を続け天国に行きました。

でも、家族の前では満面の笑顔で、息子である嘉人のことを愛していたといいます。

鴨頭氏の頭の中で印象に残っているのは笑顔の父親だけです。

そんな父親を鴨頭氏はとても尊敬しているといいます。

 

といった鴨頭氏の父親にまつわるエピソードです。

みなさんは父親のことを尊敬していますでしょうか。

男性なら、息子として父親を超えたい、父親を目標にしているという人も多いのではないかと思います。

今現在の鴨頭氏は父の影響を大きく受けているのだと感じます。

鴨頭嘉人の年収

鴨頭氏の年収が気になる人が多いようなので考察してみましょう。

まず、鴨頭氏の考えうる収入源として、
・経営者としての役員報酬
・講演会での収入
・YouTuberとしての収入
・印税
が考えられます。

講演会での収入に関しては、鴨頭氏の講演料は1回300万円となっています。

講演時間によってはさらに金額があがり、交通宿泊費が加算されます。

ホームページによると、講演は年間330回行っているとありますので、単純計算で、9億9千万、10億円近い売り上げを誇ることになります。

鴨頭氏の東京カモガシラランドの収入の柱となるはずですので、かなりの売り上げです。

講演料の相場としては破格のお値段ですが、「鴨頭嘉人」というブランドを築き上げてるからこそできることなのでしょう。

講演料だけでなく、オンラインサロンでも会員者からの徴収する会費で数千万円。

YouTuberとしては、「Tuber Town」によると平均年収は約290万(2020年6月)。

経営者としての報酬や、その他印税なども合わせれば、鴨頭氏の年収は1億円以上はあると考えられます。

 

普通、会社を運営し利益をあげるには「形のある商品」やサービスを武器にして利益をあげるはずです。

鴨頭氏の場合は、鴨頭嘉人自身が商品であり、サービスであると感じます。

東京カモガシラランドの目玉商品は「鴨頭嘉人」自身なのです。

まとめ

引用:https://kamogashira.com/profile/

今回は鴨頭嘉人氏についてまとめました。

見た目からもわかる通り、パッションで人に訴えかけ、感動を与えることができる人です。

数ある起業家、社長の中でも非常に珍しいタイプだと思います。

動画を見ても、話し方の強弱がすごく、大勢の人を引き込む力がある人なんだと感じます。

これからの活躍も楽しみな人です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました