ジェリー・ヤンの経歴や学歴!現在の姿は?資産や妻の情報についても調査【Yahoo!共同創業者】

みなさんこんにちは!

今回はジェリー・ヤンの経歴や学歴,現在の姿,資産や妻の情報について調査しました。

皆さんがお馴染み「Yahoo!」の日本における立役者です。

現在は第一線から退いていますが、彼のユニークな経歴と素顔にみていきましょう。

ジェリー・ヤンの経歴・学歴

引用:http://gadiscrs.blogspot.com/2013/10/

楊 致遠(ジェリー ヤン)

ジェリー・ヤンこと本名「楊 致遠」は、中華系アメリカ人です。

生まれは台湾の台北市ですが、後に家族と共に渡米し、以後アメリカを拠点に定めます。

幼い頃に実父を亡くし、母と弟達と共にアメリカへ移り住んだ彼は、苦手な英語を3年で

マスターする神童ぶりを見せつけ、長じて一大企業のトップとなりました。

ジェリー・ヤンの経歴

  • 1968年 出生
  • 1970年 実父が亡くなる
  • 1978年 家族と共に渡米
  • 1990年 スタンフォード大学院修士課程 修了 電気工学の理学士・理学修士号を取得
  • 1992年 日本の京都スタンフォード大学日本センターに1年滞在
  • 1994年 友人のデビット・ファイロとウェブディレクトリサービス(検索)を始める
  • 1995年 Yahoo!社を上記のデビットと共同設立
  • 1996年 NASDAQで株式公開、日本で「Yahoo!Japan」が開始
  • 1997年 来日時に知り逢った人類学者・山崎明子女史と結婚
    (以後他企業を買収、技術を吸収していくことで、Yahoo!は独自の発展を遂げる)
  • 1999年 GeoCitiesを買収
  • 2000年 eGroupsを買収
  • 2007年 Yahoo!CEO就任
  • 2008年 マイクロソフト社の買収を拒否し、株式が下落。責任を取る形でCEOを辞職
  • 同年    Chief Yahoo!に復帰
  • 2012年 取締役及びChief Yahoo!退任。Yahoo!での17年の就業に幕を下ろす

検索エンジンと検索サービスの運用は、Yahoo!が第一人者といっても過言ではありません。

ほぼ独占に近い状況で、Yahoo!は成長し続けました。

2000年には株価が475ドル(1株4万円前後!)にまで値上がりします。

以後2007年までYahoo!は成長し続けました。

しかし残念ながら2008年にGoogleの台頭により、ピークを迎えます。

ソフトバンクの孫氏は、あくまでいち検索サイトに固執するYahoo!の体質に危機を感じて

いたと言います。

Yahoo!はその後大手インターネットサービスAOLと統合され、現在は新会社Oathに移管

されました。

ヤン氏はいうなればピーク後の、まさに衰退に入った時から第一線を退いたわけです。

その後のYahoo!の凋落ぶりを見るに、ある意味有終の美を飾れたのかもしれませんね。

ジェリー・ヤンの現在

引用:https://www.nikkei.com/article

現在Yahoo!の経営からは完全に退いているヤン氏。

もちろん今までの資産で無職でも十分に生活していけることは確かですが、元々起業家として

先見の明があり、まだまだ活力にあふれている彼が引退する道理はありません。

2014年、香港の大手コンピューターメーカー「レノボ」の、非業務執行取締役に任命され

組織の為に尽力しています。

彼とデビットが設立したYahoo!は、在りし日の彼方の存在となってしまいましたが、

検索エンジン黎明期を駆け抜けて一大企業を造り上げた実績・能力は、何よりも得難いもの。

これからも彼はIT業界で名を馳せていくことでしょう。

ジェリー・ヤンの資産は

引用:http://fotoq.net/

1996年に、Yahoo!の株式をNASDAQにて公開した結果、いきなり資産が一億ドル以上に

なりました。

一億ドルと言えば、日本円で100億は下りません!

わずか創業1年足らずでビリオネアの仲間入りを果たしたのです。

世界ではジェフ・ベゾス氏やマーク・ザッカーバーグ氏など、短期間で億万長者になった人もいますが、ヤン氏もそのうちの一人ですね。

現在はレノボなどで活躍していますが、これほどの資産をもっていれば何もせずとも余生を過ごせそうですよね…。

ジェリー・ヤンの妻について

引用:http://layouts24.rssing.com/

京都にある、スタンフォード大学日本文化センターへ交換留学でやってきた際、出会った

人類学者の日系アメリカ人・山崎明子女史と5年の交際を得て、結婚しています。

この出来事がきっかけで日本に親しみを持ち、相撲を好むようになりました。

Yahoo!が格納された研究用ワークステーションに「アケボノ」、検索エンジンが格納された

コンピューターに「コニシキ」と名付けたほどです。

まとめ

2010年以降、検索サイトはご存じ「Google」が独走しています。

「GoogleMap」「Googlecalendar」など、様々なサービスときめ細やかなフォローで

かつての王者たるYahoo!を食ってしまったわけです。

ですがジェリー・ヤン氏はもともと「ファイナンス思考」の人です。

これは自転車操業的な、短絡的・目先の利益のみを追求する「PL思考」の真逆の思想であり

自ら新しい事業を生み出し、続けていこうとするものです。

M&A(企業買収)はアメリカ企業の十八番ですが、日本企業は長らくこれを避けてきました。

ノウハウがない以前に、「PL思考」つまり古い考えに囚われているからと言います。

ですがヤン氏はこの思考を常に念頭に置き、Yahoo!を造り上げたのです。

Googleももちろん「ファイナンス思考」に基づき、利益が出るか出ないかわからないままに

それでも数々の挑戦を試みて成功にありついたのです。

Yahoo!はそのハングリーさに及ばず、統合を余儀なくされましたが、この思考の大切さを

ヤン氏は改めて痛感しなかったとは考えられません。

現在レノボにて活躍中のヤン氏ですが、もしかすると数年後にはまた素晴らしいものを

見せてくれるかもしれませんね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする