本田宗一郎の略歴紹介(逸話や伝説)!息子は?名言集をまとめ【本田技研工業創業者】

みなさんこんにちは!

今回は本田宗一郎氏の略歴紹介(逸話や伝説),息子のことや名言集をまとめました!

本田宗一郎という人物は聞いたことがある方も多いと思います。

ホンダこと本田技研工業を創業した人物です。

日本が世界に誇る自動車・バイクメーカーの一つであり、世界的企業に育て上げた彼の功績は今もなお語り継がれています。

エピソードを交えながら本田宗一郎という偉人をご紹介します。

本田宗一郎の略歴紹介(逸話や伝説)!

引用:https://kilosophy.com/business-leader/hondasoichiro

本田 宗一郎(ほんだ そういちろう)

●1905年 静岡にて出生

●1922年 高校を卒業。東京にある自動車修理工場アート商会へ入社

●1928年 のれん分けという形で独立 アート商会浜松支店を掲げる

●1934年 東海精機を設立

●1935年 浜松高等工業学校機械学科の聴講生となる

●1945年 トヨタに東海精機を売却

●1946年 本田技術研究所を創設

●1948年 本田技研工業を設立

●1955年 二輪車の生産で国内一位

●1962年 軽四輪を発表

●1965年 F1で初優勝を飾る

●1973年 社長を退任 最高顧問に就任

●1986年 F1コンストラクターズチャンピオン

●1991年 逝去

1906年、鍛冶職人の父親と機織りの名手であった母親との間に本田氏は長男として生まれました。

父親が自動車の中古修理を請け負っていたため、本田氏は幼少期からモノ作りの技術に触れられる環境にいました。

幼少期の本田氏は、発動機がある精米屋や丸のこぎりの製材所がお気に入りの場所だったようでおじいちゃんによく連れて行ってもらっていたそうです。

これがエンジンと出会う最初のきっかけだったといわれています。

高校を卒業後、雑誌『輪業世界』に載っていた修理工募集の広告を見つけ、15歳で自動車修理工場であるアート商会へと入社。

機械音を聞いて故障個所を推測するのがうまかった本田氏は、その才能を社長に見抜かれ、入社して六年でのれん分けを許され、独立開業することとなります。

どんな故障でも工夫して修理していたところ、修理できないものがないと有名になり、3年で従業員数数十人、収入は月々1000円以上の会社へと成長したそうです。

終戦後、人々の生活の役に立ち喜ばれるものをと思い、オートバイの先駆けである改造補助エンジンを取り付けた自転車(バタバタ)をつくりました。

そうして作り上げたバタバタは飛ぶように売れ、この成功をきっかけに本格的なオートバイ開発へと乗り出すようになったそうです。

その後、昭和30年には二輪車の生産台数国内第一位を獲得し、 その三年後に有名な小型バイク「スーパーカブ」を発売しました。

この頃から本田氏は新しい技術の開発に心を燃やしており、自身の修理工場を経営しながら、自作のターボチャージャーを装備したフォード車で自動車レースなどに参加していたそうです。

また、「世の中の人々の重労働を軽減したい」という思いから耕運機などの開発にも着手、その結果農業界にも名を轟かせることとなりました。

このように本田氏は自身の愛した車やエンジンを色々な所へ転用し各業界に革新を起こしたのです。

その思いもさることながら、実際に行動に移すことが出来るその行動力が凄いですね。

本田宗一郎の息子は?

本田氏には本田博俊という息子がいました。

世襲制を好んでいなかったため、会社には入社させなかったようですが父同様車好きだったようで、30歳でエンジンメーカー無限を設立しています。

また、F1の大会で4度も優勝するほどに車を愛していました。

しかし、そんな本田氏の息子である本田博俊氏は、宗一郎の息子と呼ばれるのがとても嫌いだったそうです。

どこに行っても宗一郎の息子と呼ばれ、父親とすぐに比較されるのが嫌だったのかもしれませんね。

そんな博俊氏ですが、自身の会社である無限に関して脱税の容疑で査察を受けたという過去を持っています。

2003年には実際に逮捕されており、否認のまま270日もの間浦和拘置所で過ごしていたそうです。

一年の約3/4を拘置所で暮らすなんて常人の体力ではできないと思います。

その後、会社のお金が部下の一人とその付き人に流れていたことが発覚したものの、博俊氏の有罪は変わらず、信頼していた部下に裏切られ逮捕される形となりました。

しかしながら、現在でも自身の会社である無限の舵を取ることはやめていません。

今なお夢を追いかけ続け、電気自動車の開発などに携わっているそうです。

ちなみに、宗一郎氏が亡くなった後、ホンダから誘いがあったそうですが丁重にお断りしたそうです。

そういったこだわりは父親譲りなのかもしれませんね。

本田宗一郎の名言集!

引用:https://www.nippon.com/ja/column/g00635/

世界的に有名は会社ホンダの創業者である本田宗一郎氏は沢山の名言を残しています。

「苦しい時もある。夜眠れぬこともあるだろう。どうしても壁が突き破れなくて、俺はダメな人間だと劣等感に苛まれるかもしれない。私自身 、その繰り返しだった。」

「私は若い社員に、相手の人の心を理解する人間になってくれと話す。それが哲学だ。」

「自分の力の足りなさを自覚し、知恵や力を貸してくれる他人の存在を知るのもいい経験である。」

「人を動かすことができる人は、他人の気持ちになれる人である。その代わり、他人の気持ちになれる人というのは自分が悩む。自分が悩んだことのない人は、まず人を動かすことはできない。」

どの名言をみても本田氏がどれほどの人格者であったのか、また、働くにあたってどれほど苦労していたのかがわかる言葉たちですね。

まとめ

引用:https://www.storm.mg/lifestyle

乗り物といえばホンダというように日本を代表する世界的企業にまで発展したホンダ。

そんな会社を作り上げたのは一人の熱い思いをもった本田宗一郎氏でした。

幼少期からエンジンが好きだった彼が歩んできた道は決して楽な道ではなかったと思います。

Youtuberなどの登場により、やりたいことで生きていく、やりがいで仕事選ぶという選択肢が現れた昨今ですが、本田宗一郎の生き方はまさにやりたいことを追い求め続けた生き方でした。

彼の人生を見つめなおすことで「やりたいことで生きていく」という言葉の本当の意味が見えてくるのかも知れませんね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする