平尾丈の経歴や学歴(中学・高校・大学)は?リクルートとの関係やゲーマーとしての素顔を調査【株式会社じげん代表取締役】

みなさんこんにちは!

今回は平尾丈氏の経歴,学歴(中学・高校・大学),リクルートとの関係やゲーマーに関してについてです。

巷では天才とも言われている平尾丈氏ですが、一体どのようにして現在の株式会社じげんを立ち上げたのか、また学歴や年収についても細かく見ていきましょう。

平尾丈の経歴

引用:https://www.sbbit.jp/article/cont1/35333

平尾 丈(ひらお じょう)

・1982年 東京都にて出生
・1995年 海城中学校へ進学
・1998年 海城高等学校へ進学
・2001年 慶應義塾大学 環境情報学部へ進学
・2005年 同大学 修士課程修了、株式会社リクルートへ入社
・2006年 株式会社リクルートの関連会社の立ち上げに参画
                その際グループ企業内の最年  少取締役に就任
・2008年 グループ企業内最年少で代表取締役へ就任
・2010年 グループ企業を買収し独立、社名を株式会社じげんに変更
・2013年 東証マザーズ上場
・2018年 東証一部へ市場変更

経歴を見るだけでも平尾丈氏がいかにエリートなのかが伺えますね。

しかし株式会社リクルートへ入社したタイミングで2回起業をしていました。入社時には平尾丈氏の会社の取締役と兼業で入社したというエピソードもあります。

経歴に記載している以外でも、2011年にはソフトバンク株式会社の代表である孫正義氏の後継者を発掘するためのプロジェクト「ソフトバンクアカデミア」に合格しており、入校を果たしています。

孫正義氏も認める才能を持っており、今後の動向を注目される起業家の一人になっています。

平尾丈の学歴(中学・高校・大学)

引用:https://www.sbbit.jp/article/cont1/35333

平尾丈氏は中高一貫校である海城中学校・高等学校へ進学しています。

この学校の卒業生の中には、有名アナウンサーの徳光和夫氏や全国に展開している高島屋の代表取締役社長の木本茂氏がいます。

海城中学校・高等学校は2011年には高校募集を停止し、完全に中高一貫に変更した学校で学校の偏差値も高く、東京大学といった国立大学をはじめ、早稲田大学、慶應義塾大学といった有名私立大学へも多数の進学者を輩出しているエリート校です。

平尾丈氏は高校卒業後慶應義塾大学 環境情報学部に入学しています。

同大学の卒業生には株式会社delyの代表取締役である堀江裕介氏、メンタリストで有名なDaiGo、お笑い芸人の中田敦彦氏といった様々な有名人が卒業されています。

平尾丈と株式会社リクルート

引用:http://u-note.me/note/47497993

平尾丈氏は経歴でも記載しているように大学卒業後株式会社リクルートへ入社しています。

この入社でもすごいエピソードがありました。

一般的には就職する際に副業などをしていると採用されることはほとんどありません。しかし平尾丈氏の場合は株式会社リクルート以外でも複数企業からも内定を貰っていたそうです。

その中でも株式会社リクルートの場合は前提として起業家のまま入社しても構わないとあり得ない提案もあり、さらに社長や取締役の方など50名以上の社員の方から引き留められ、10年に1人の逸材だと思うといった太鼓判も押され、入社したということです。

さらに驚きなのは平尾丈氏が起業して行っていた事業ではリクルートの競合する事業を行っていたそうです。

平尾丈はゲーマー

引用:https://diamond.jp/articles/-/195023?page=2

平尾丈氏は幼少期はひたすらゲームをして過ごしていたそうです。

大人や社会に対しての反骨精神が強く、ゲームであれば大人にも勝つことができるという思いから様々なジャンルのゲームを極めていました。

そんな中で平尾丈氏が得意としていたゲームはストリートファイターや鉄拳などの格闘ゲームで並外れた動体視力を持っていたことにより、128連勝をしたりと様々な伝説が残っています。

格闘ゲームだけではなく東京ゲームショウで開催されたゲーム「モンスターファーム」の大会では上位に入賞し、多額のおもちゃ券をもらっていたというエピソードもありました。

当時はe-Sportsやプロゲーマーという言葉があまり普及しておらず、いくらゲームが上手で結果を出してもおもちゃ券を渡されるだけで思うようにお金を稼ぐことができないということで徐々にゲームから離れていったそうです。

プロゲーマーやe-Sportsが普及した現代でそれほどの実力があればプロゲーマーとしての道やプロゲーミングチームを運営するという道を選ばれていたのかもしれませんね。

まとめ

平尾丈氏は経歴だけを見れば株式会社リクルートに就職し、社内の取締役や代表取締役の最年少記録を書き換えるほど優秀な方です。

しかし幼少期には大人や社会に対しての反骨精神を持っており、内側に抑えておくだけではなく、ゲームという手段を使って大人を圧倒していたという過去を持っています。

e-Sportsやプロゲーマーとして社会でも認められ、数億~数十億円規模の市場ともいわれています。

オリンピックにも認定されているのもあり、いずれはe-Sportsの業界で平尾丈氏の名前を見る機会があるかもしれませんね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする