浜本階生の経歴は?学歴(高校・大学)や年収・資産,SmartNewsについて調査【スマートニュース株式会社代表取締役】

みなさんこんにちは!

今回は浜本階生氏の経歴,学歴(高校・大学)や年収・資産,SmartNewsについてです。

浜本階生氏は全世界でも4000万ダウンロードされているSmartNewsというアプリを創り出し、スマートニュース株式会社の最高執行責任者という立場で現在活動されています。

そんな浜本階生氏について一体どんな人物なのか経歴から見ていきましょう。

浜本階生の経歴

引用:https://gihyo.jp/lifestyle/serial/01/survival_strategy_engineer/0004

浜本 階生(はまもと かいせい)

・1981年 栃木県宇都宮市にて出生
・2097年 栃木県立宇都宮高等学校へ進学
・2001年 東京工業大学 工学部情報工学科へ進学
・2005年 同大学を卒業、当時アルバイトをしていた株式会社オープンナレッジに入社
・2007年 価格.com WEBサービスコンテスト最優秀賞受賞
・2009年 Yahoo! Japanインターネットクリエイティブアワード一般部門グランプリ受賞、                  その後フリーランスエンジニアに転職
・2011年 株式会社Rmake 取締役に就任
・2012年 ゴクロ(現在のスマートニュース株式会社)を創業し代表取締役に就任
・2019年 forbes(フォーブス)日本版の日本の起業家ランキングで2位受賞

forbes(フォーブス)日本版「日本の起業家ランキング」の中で2位に受賞した浜本階生氏。
その経歴も素晴らしく、多数の賞も受賞しています。

その原点は小学生の頃に遊んだファミリーコンピュータというゲーム機で小学生の段階でその内部構造や仕組みに興味を持ったそうです。

そこから中学生、高校生で勉強の合間にプログラムの勉強をして様々なものを生み出していました。

2009年にフリーランスエンジニアとして活動を開始し、その後実業家の鈴木健氏と共同でゴクロ(現在のスマートニュース株式会社)を創業し、代表取締役に就任。

2019年には最高執行責任者兼チーフエンジニアに就任しています。

浜本階生の学歴(高校・大学)

引用:https://logmi.jp/tech/articles/320860

浜本階生氏は高校時代は栃木県立宇都宮高等学校に進学。

同じ高校の卒業生には漫画家の池沢春人氏、他にも立件民主党代表の枝野幸男氏も卒業されています。

136年という歴史ある伝統校で毎年東京大学にも進学者を輩出している進学校です。

高校卒業後は東京工業大学 工学部情報工学科に入学しています。

同大学の卒業生には元総理大臣の菅直人氏、ノーベル化学賞を受賞された白川英樹氏など様々な有名人が卒業されています。

浜本階生の年収・資産

引用:https://toyokeizai.net/articles/-/20451

2005年から就職し、様々な賞を受賞してきた浜本階生氏ですが、2009年にはフリーランスになり、現在はスマートニュース株式会社最高振興責任者兼チーフエンジニアとして活動されています。

そんな浜本階生氏の年収や総資産は一体どれほどあるのでしょうか?

浜本階生氏の年収は公表されていませんが、会社の資本金や社員の年収、売上高から推測していきましょう。

まずは会社の資本金からです。

スマートニュース株式会社は資本金が61憶円と一般的な会社の数倍~数十倍規模の大企業という部類に入ります。事業所も東京に2社、海外にも支社があり、アメリカに3社、中国に1社存在しています。

次に社員の年収ですが、480万円~1200万円と幅が広いですが昇進に対する昇給の幅が広いためだと思います。

最後に売上ですが調べてみると非公開のようです。

しかし2019年には31億円の資金調達を果たしたり評価額10億ドル以上のユニコーン企業として呼ばれるようになっているので企業全体の資産は1000憶円以上のようです。

これらを踏まえると、浜本階生氏の年収は恐らく2000万円を超えているのではないでしょうか?

浜本階生氏個人の総資産も今までの経歴を見ていくと1億円は超えている可能性があります。

浜本階生とSmartNews

引用:https://toyokeizai.net/articles/-/20451

経歴でお話ししたように浜本階生氏は小学生の頃からアルゴリズム(プログラムの仕組み)について興味を持ち13歳の頃からプログラミングに熱中しています。

2005年に就職し、業種もシステムエンジニアでした。

仕事でもプログラミングをし、休日もずっとプログラミングをしていたそうです。

その後フリーランスとして活動している最中にSmartNewsの前身と言われているCrowsnestを作られたそうです。

Crowsnestを作るきっかけも特徴的で、Crowsnestを製作する前にBlogopolis(ビジュアルブログ検索エンジン)を既に製作されており、イベントでクックパッドの元社長佐野陽光氏に見せたところ、「君はこういうことだけをやったほうがいい。今日中に辞表を書こう」と言われたようです。

この一言だけではなく「絶対に辞めたほうがいい」と押し切られてしまったようです。

このようなきっかけがあり、Crowsnestの製作に集中、そして現在世界的に有名なSmartNewsが生まれました。

まとめ

中学生から熱中していたプログラミングという趣味を極めることで世界でも認められるSmartNewsを創り出した浜本階生氏ですが、この趣味を極めたほうがいいと勧めた佐野陽光氏との出会いがなければ今のような圧倒的な成功は無かったかもしれません。

しかし趣味を極めることで得られるものは会社員のように有限ではなく、無限大ということが浜本階生氏の経歴やSmartNewsを見てもわかります。

エンジニアという業種だから自分の創りたいコンテンツを見つけることで自ずとクオリティも上がり、最終的に自分だけではなく今回のSmartNewsのように世界的にも大ヒットするようなコンテンツを創り出せるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする