藤島ジュリー景子の経歴は?若い頃や金八先生子役の過去!夫や娘に関する情報を調査!【株式会社ジャニーズ事務所代表取締役】

みなさんこんにちは!

今回は藤島ジュリー景子氏について経歴,若い頃や金八子役の過去,夫や娘に関する情報を調査しました。

景子氏と言えば、2019年にジャニー喜多川氏が亡くなり、その後任としてジャニーズ事務所の社長に就任しました。

ジャニー喜多川氏とは叔父にあたり、一体どんな経歴や過去がある人なのでしょうか?

藤島ジュリー景子の経歴

引用:blogs.c.yimg.jp

藤島ジュリー景子(ふじしまじゅりーけいこ)

●1967年 東京都生まれ

●1973年 フジシマジュリーの名で6歳で芸能界デビュー

●1989年 上智大学比較文化学部卒業 フジテレビ入社

●2019年 ジャニーズ事務所代表取締役社長に就任

景子氏は1966年、小説家であった父・藤島泰輔氏と、内縁関係にあったバー経営者の母・メリー喜多川氏の長女として誕生しました。

1973年に景子氏は6歳で芸能界デビューを果たします。

芸名は「フジシマジュリー」という名でフォーリーブス主演のミュージカル『見上げてごらん夜の星を』という作品に出演しました。

その後の主な出演作品は、

『おはよう!こどもショー』

『小さなスーパーマン ガンバロン』

『3年B組金八先生』

音楽バラエティ『HOT-TV』

などがありました。

名作・金八先生の子役として

あの金八先生の子役だったのですね!

当時の映像などは今も公開されています。

当時13歳であった景子氏。

越後はるみという役名で、英語が堪能な生徒役でした。

ジャニーズの家系は国際派ですし、景子氏もインターナショナルスクールに通っておりその影響を受けたのでしょうか。

第8話では景子氏がメインの回になっていて、飛び降り自殺をはかろうとするシーンがあります。

こういった迫真の演技もやっていたのですね。

ジャニーズ事務所の社長になるまで

高校時代は父とともにアメリカ留学をしていました。

それをタイミングとして芸能活動を辞めてしまいます。

大学はジャニー喜多川氏と同じ、上智大学比較文化学部(現・国際教養学部)に進学。

大学時代はスイスに留学したこともあるそう。

大学卒業後はフジテレビに入社し、秘書室勤務でした。

フジテレビでの勤務後は、ジャニーズ事務所のスタイリストとして活躍し、レコードレーベルの社長を歴任。

母のメリー喜多川氏とともにジャニーズ事務所の副社長を務めていました。

副社長時代には嵐やTOKIOをプロデュースしたことが評価されています。

そして2019年、長らくジャニーズ事務所の社長を務めてきたジャニー喜多川氏が亡くなり、後任としてジュリー景子氏が社長を務めることとなりました。

藤島ジュリー景子の若い頃

景子氏は小さいころから子役を果たしていたのは先述の通りです。

成人して若い頃にはこのように言われたことも。

郷ひろみの元妻“二谷友里恵似”とも言われた彼女

                      引用:https://www.cyzowoman.com/2019/07/post_242656_1.html

確かに雰囲気は似ているかもしれません。

藤島ジュリー景子の夫や娘

景子氏には結婚歴があり、2004年38歳の時に高橋拓也さんという人と結婚しています。

高橋さんは婿養子としてジャニーズの役職に就いていました。

しかし、2009年で離婚しています。

夫婦関係はそれほど悪くなかったようですが、離婚の原因は母のメリー氏と言われています。

メリー氏が高橋さんのことを良く思っておらず、景子氏と別れさせようとしていました。

追われる形で出ていくことになったのです。

噂レベルですが、本当であったならば悲しい限りですね。

引用:https://www.cyzowoman.com/

ちなみに娘さんがいらっしゃいます。

高橋さんとの間に生まれたみたいですが、詳しい名前などは分かりません。

2004年に生まれたこと、木村拓哉さんの娘・Kokiさんと同級生だという情報があります。

同じインターナショナルスクールに通っていたと言われて、もしかしたら後に国際的に活躍するタイミングが来るかもしれません。

まとめ

・景子氏は6歳で芸能界デビューして、子役の経験がある

・学生時代からインターナショナルスクールに通っていたり、高校・大学ともに海外への留 学経験が多く、国際的な知識や経験が多い。

・フジテレビで社会人経験した後、ジャニーズ系のレコード会社の取締役として活動

・ジャニーズ事務所副社長の時は嵐やTOKIOなどをプロデュース

・2019年からジャニーズ事務所代表取締役社長に就任

ある俳優のジュリー景子氏に対する評価として、「頭は切れるけど、誰にでも好かれるタイプ」としています。

一見良く聞こえそうですが、ジャニー喜多川氏のような個性や強烈なキャラクター・カリスマ性に欠けるという見方もあります。

良くも悪くも目立つようなタイプではなく、剛腕ぶりのエピソードはうかがえません。

また、近年ジャニーズでは長らく活躍していたアイドルグループの解散、脱退が相次いでいます。

ジャニー喜多川氏の死去のタイミングというところで、です。

ジャニー喜多川氏というあまりにも大きな存在を失ったジャニーズ事務所をこれから背負っていくジュリー景子氏。

今後どうなるのか注目してみましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする