ビルゲイツの経歴を紹介!軽井沢に別荘?年収や資産も調査!【マイクロソフト創業者】

みなさんこんにちは!

起業家INDEXのTomです。

今回は世界の大富豪の代表格ともいえるビル・ゲイツ氏です!

みなさんも一度はマイクロソフトのサービスを利用したかと思います。

インターネット社会の礎を気付いているといっても過言ではない、ビジネス界の大物について調査しました。

ビル・ゲイツ氏の経歴から軽井沢に噂の別荘、もちろん年収や資産についても触れています。

まずはビル・ゲイツ氏の経歴から。

ビル・ゲイツの経歴は?

引用:https://engineer-intern.jp/archives/31972

ビル・ゲイツ(Bill Gates)

●1955年 シアトル生まれ

●1973年 ハーバード大学に入学

●1975年 ポールアレンとともにマイクロソフト設立

●1986年 マイクロソフトの株式を公開 日本法人も設立

●1995年 Windows95をリリース

●2000年 CEOから会長職となる

●2008年 経営の第一線から引退 ビル&メリンダ・ゲイツ財団での活動を公表

1967年にビル・ゲイツ氏はシアトルの私立レイクサイド中学・高校に入学します。

アメリカでは有名な進学校のようでした。

1968年秋、レイクサイド校はゼネラル・エレクトリック社のGE-635に接続されたテレタイプ端末を導入します。

ゲイツ氏はこれを通じてコンピュータに興味を持つようになります。

レイクサイドでは、のちに共に起業するポール・アレン氏と出会っています。

ゲイツ氏は13歳、アレン氏は15歳の時です。

高校生になると、起業し、州政府に交通量計測システムを売り込んだり、給与計算システムを作ったりしていました。

ただ、あまり利益にはつながらなかったようです。

1973年にゲイツ氏はハーバード大学に入学します。

一方のアレン氏はワシントン州大学を休学し、コンピューター系の仕事に就こうかと考えていました。

そんな中、1974年にアルテア8800(Altair 8800)という世界初のパーソナルコンピューターが発売されます。

ゲイツ氏とアレン氏はもちろんこれに興味を持ちます。

アルテア用のソフトウェアを開発すれば売れると確信したのです。

しかし、アルテア8800は爆発的な売れ行きになり、入手困難になります。

僅少な情報を手掛かりにして、プログラミング言語のBASICインタプリンタの開発を手掛けることを決意します。

ゲイツ氏はアルテアを製造するMITS社というメーカーに電話し、「既に開発中であり、もうすぐ完成する」とうそをつき、MITSの社長は「最初に持ってきた者と契約する」と答えました。

そうと分かった2人は2か月間、寝る間も惜しんでBASICを開発させました。

ゲイツ氏は同席しませんでしたが、アレン氏はMITS社に売り込みに行き、見事に成功させます。

その後アレン氏はMITSの社員になり、ゲイツ氏はハーバード大学を休学し、1977年に両氏はパートナーシップに関する合意書を交わします。

1975年にBASICインタプリンタ事業としてマイクロソフトを創業、1977年に正式にスタートさせました。

引用:https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1810/16/news068.html

その後は、MS-DOSの開発やWindows95の開発を手掛け、マイクロソフトという会社は世界的な企業となっていきました。

2000年に会長職となり、その後に慈善基金団体のビル&メリンダ・ゲイツ財団での活動を進めていきました。

ポール・アレン氏は2018年10月、リンパ腫により65歳でこの世を去りました。

インターネットの急速な発展には必ずマイクロソフトという会社がありました。

今までパソコンやインターネットに興味がなかった人でも、これからはパソコンの時代と思わせるような強い影響力のある企業となりましたね!

そのような企業を作り上げたビル・ゲイツ氏とポール・アレン氏は天才肌の起業家と言えるでしょう。

年収や資産は?

引用:https://www.businessinsider.jp/post-835

ビル・ゲイツ氏の全盛期の年収は1兆6635億円と言われております。

月に1386億円、1日に46億円、時給19億円という計算ですね!

アメリカの雑誌フォーブスで94年から2006年の間、13年連続で首位になりました。

2006年時点で6兆2千億円あったと言われています。

現在のフォーブスの長者番付ではアマゾンのジェフ・ベゾス氏が1位ですが、それまではゲイツ氏が席巻していました。

ここ最近ではマイクロソフトの株価が上昇し、資産が1000億ドルを突破、日本円にして11兆2000億となりました。

莫大な資産を持つゲイツ氏ですが、その使い道は他人のためと言えます。

既にゲイツ氏は350億ドル以上を、妻のメリンダと設立した世界最大の民間慈善団体「ビル&メリンダ・ゲイツ財団」に寄付しています。

医療関連への注力で知られ、世界の貧民の撲滅のための活動を行っています。

妻のメリンダ・ゲイツさんです。

巨万の富を得ても、それを人のために使いたいと考えるゲイツ氏には尊敬しますね!

軽井沢に別荘?

ビル・ゲイツ氏は日本の土地が好きで、軽井沢に別荘を建設したという噂があります。

場所は長野県北佐久郡軽井沢町長倉2139-3448

周囲が木々に囲まれ、自然豊かな場所であります。

2012年の冬に軽井沢で約6000坪の森林が伐採されるということが起こります。

このことを発端に地元のメディアが「ビル・ゲイツ氏が別荘を建てる」と報じたのです。

ただ、本当にゲイツ氏の別荘なのかは断定できていません。

この建物には明かりが灯っていると言われていますが笑

周囲にある車と比べると、相当な広さだとわかります。

それがビル・ゲイツ氏のものかはわかりませんよね。

ビル・ゲイツはどんな人?

一人一台にパソコン時代をつくりあげたと言ってもいいほど、世界的な影響力のあるビル・ゲイツ氏。

巨額な資産を得ている一方で、意外と倹約家であることの話がまわっています。

引用:https://www.aviationwire.jp/archives/51476

日本を訪れた際、マイクロソフトの日本支社が気を利かせて飛行機のファーストクラスのチケットを手配したら、「日本支社はこんなことで無駄遣いしているのか」と怒ったエピソードは有名です。

本人曰く、ファーストクラスもエコノミークラスも到着する時間が一緒なら安い方を選ぶという考えですね。

お金より時間の方がよっぽど大切という本人の価値観が分かりますが、果たしてどうでしょう?

私であれば、あの狭い空間の中で長時間いるよりは、快適なひと時を過ごしたいと思うから、

高いお金を払ってでもファーストクラスを選ぶと思います。

こちらに面白い意見もあります。

自家用ジェット機も所有しているそうですが、来日するならそれ使わないのでしょうか笑

ホテルに泊まる際も、「いい部屋はいらないから、寝るスペースとネットにつながる環境があればいい」と言っています。

しかも小食で、食事はマクドナルドばかり、ファーストフードが大好物だそうです。

ゲイツ氏は身長178cm、体重63kgという体型。

マクドナルドばかりだと体に悪そうですが、あまり太っているとは思えません。

本当なのかわかりませんよね笑

ただ体は鍛えているみたいですよ!

大富豪らしからぬ庶民的なエピソードが伺えて、少し親近感がわくと思います。